スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選

  1. George Harrison「All Things Must Pass」
  2. Cockney Rebel「The Psychomodo」
  3. Gerry and The Pacemakers「Ferry Cross The Mersey」
  4. John's Children「Orgasm」
  5. Soft Machine「Third」
  6. Heron「Heron」
  7. Badfinger「Straight Up」
  8. The Pretty Things「Emotions」
  9. The Yardbirds「Five Live Yardbirds」
  10. Blues Magoos「Never Goin' Back To Georgia」
  11. The Pretty Things「S.F.Sorrow」
  12. The Kinks「Something Else」
  13. PATTO「Roll'em Smoke'em Put Another Line Out」
  14. Be-Bop Deluxe「Axe Victim」
  15. David Bowie「Ziggy Stardust」
  16. Yes「Close to The Edge」
  17. Tomorrow「Tomorrow」
  18. Neil Young「On The Beach」
  19. Skid Row「34 Hours」
  20. Queen「Queen供
  21. Boston「Don't Look Back」
  22. Todd Rundgren「Something/Anything?」
  23. The Easybeats「Good Friday/Friday on My Mind」
  24. Queen「Innuendo」
  25. The Monochrome Set「Love Zombies」
  26. Echo & The Bunnymen「Crocodiles」
  27. The Hollies「Hollies Sing Dylan」
  28. Badfinger「Wish You Were Here」
  29. A-ha「Analogue」
  30. Dire Straits「Brothers in Arms」
  31. The Spencer Davis Group「Autumn'66」
  32. King Crimson「In The Court Of The Crimson King」
  33. King Crimson「In The Wake Of Poseidon」
  34. Ry Cooder「Ry Cooder」
  35. The Kinks「Muswell Hillbillies」
  36. Alun Davies「Daydo」
  37. Boston「Boston」
  38. Grand Funk Railroad「Live Album」
  39. Egg「The Civil Surface」
  40. Led Zeppelin「Led Zeppelin」
  41. Emerson, Lake & Palmer「Tarkus」
  42. Caravan「In The Land of Gray and Pink」
  43. Kestrel「Kestrel」
  44. Aztec Camera「High Land, Hard Rain」
  45. Yes「Big Generator」
  46. The Lovin' Spoonful「Everything Playing」
  47. The Beatles「Songs picture and stories of fablous」
  48. The Beatles「For Sale」
  49. The Beatles「The Beatles」
  50. Freddie Mercury&Montserrat Caballe「Barcelona」
  51. Ben Watt「North Marine Drive」
  52. The Easybeats「Vigil」
  53. The Police「Synchronicity」
  54. The Young Rascals「Groovin'」
  55. Tim Buckley「Lorca」
  56. Boz Scaggs「Down Two Then Left」
  57. Tages「Contrast」
  58. Pink Floyd「The Piper at The Gates of Down」
  59. Neil Young「Harvest」
  60. Pink Floyd「The Final Cut」
  61. Kraftwerk「Kraftwerk」
  62. Patto「Patto」
  63. The Left Banke「Walk Away Renee/Pretty Ballerina」
  64. Linton Kwesi Johnson「Bass Culture」
  65. Ultravox!「Ha!-Ha!-Ha!」
  66. The Zombies「Odessey and Oracle」
  67. The Jimi Hendrix Experience「Axis: Bold as Love」
  68. Nick Drake「Pink Moon」
  69. The Pale Fountains「...From Across The Kichen Table」
  70. Wishbone Ash「Wishbone Ash」
  71. Tangerine Dream「Electronic Meditation」
  72. Barclay James Harvest「Once Again」
  73. ザ・ダイナマイツ「ヤング・サウンド〜R&Bはこれだ!」
  74. The Kinks「Face To Face」
  75. The Mothers of Invention「Uncle Meat」
  76. Robert Wyatt「Rock Bottom」
  77. Area「1978 Gli Dei Se Ne Vanno, Gli Arrabbiati Restano!」
  78. Sly & the Family Stone「There's a Riot Goin' On」
  79. The Lotus Eaters「No Sense of Sin」
  80. The Red Krayola「God Bless The Red Krayola and All Who Sail with It」
  81. Yes「The Yes Album」
  82. Queen「Queen」
  83. Captain Beefheart & His Magic Band「Lick My Decals Off, Baby」
  84. The 13th Floor Elevators「The Psychedelic Sounds of The 13th Floor Elevators」
  85. Neu!「Neu! '75」
  86. Josef K「The Only Fun in Town」
  87. Dave Davies「Bug」
  88. Jobriath「Jobriath」
  89. Television「Little Johnny Jewel(Part1&2)」
  90. The Kinks「The Kinks are the Village Green Preservation Society」
  91. The Doors「The Doors」
  92. Tears for Fears「The Seeds of Love」
  93. Gun「Gun」
  94. Roxy Music「Roxy Music」
  95. The Mothers of Invention「Freak Out!」
  96. Small Faces「Ogdens' Nut Gone Flake」
  97. Pink Floyd「Meddle」
  98. Deutsch Amerikanische Freundschaft「Alles ist gut」
  99. Patto「Hold Your Fire」
  100. Mike Oldfield「Tubular Bells」



60'S UK ROCK
The Beatles「Songs picture and stories of fablous(Please Please Me)」
The Beatles「For Sale」
The Beatles「The Beatles」
Gerry and The Pacemakers「Ferry Cross The Mersey」
Gun「Gun」
The Hollies「Hollies Sing Dylan」
John's Children「Orgasm」
King Crimson「In The Court Of The Crimson King」
The Kinks「Face To Face」
The Kinks「Something Else」
The Kinks「The Kinks are the Village Green Preservation Society」
Led Zeppelin「Led Zeppelin」
Pink Floyd「The Piper at The Gates of Down」
The Pretty Things「Emotions」
The Pretty Things「S.F.Sorrow」
Small Faces「Ogdens' Nut Gone Flake」
The Spencer Davis Group「Autumn'66」
Tomorrow「Tomorrow」
The Yardbirds「Five Live Yardbirds」
The Zombies「Odessey and Oracle」



70'S UK ROCK
Alun Davies「Daydo」
Badfinger「Straight Up」
Badfinger「Wish You Were Here」
Barclay James Harvest「Once Again」
Be-Bop Deluxe「Axe Victim」
Captain Beefheart & His Magic Band「Lick My Decals Off, Baby」
Caravan「In The Land of Gray and Pink」
Cockney Rebel「The Psychomodo」
David Bowie「Ziggy Stardust」
Egg「The Civil Surface」
Emerson, Lake & Palmer「Tarkus」
George Harrison「All Things Must Pass」
Heron「Heron」
Kestrel「Kestrel」
King Crimson「In The Wake Of Poseidon」
The Kinks「Muswell Hillbillies」
Mike Oldfield「Tubular Bells」
Nick Drake「Pink Moon」
Patto「Patto」
Patto「Hold Your Fire」
PATTO「Roll'em Smoke'em Put Another Line Out」
Pink Floyd「Meddle」
Queen「Queen」
Queen「Queen供
Robert Wyatt「Rock Bottom」
Roxy Music「Roxy Music」
Skid Row「34 Hours」
Soft Machine「Third」
Ultravox!「Ha!-Ha!-Ha!」
Wishbone Ash「Wishbone Ash」
Yes「The Yes Album」
Yes「Close to The Edge」




80'S〜 UK ROCK
Aztec Camera「High Land, Hard Rain」
Ben Watt「North Marine Drive」
Dave Davies「Bug」
Dire Straits「Brothers in Arms」
Echo & The Bunnymen「Crocodiles」
Freddie Mercury&Montserrat Caballe「Barcelona」
Linton Kwesi Johnson「Bass Culture」
The Lotus Eaters「No Sense of Sin」
The Monochrome Set「Love Zombies」
The Pale Fountains「...From Across The Kichen Table」
Pink Floyd「The Final Cut」
The Police「Synchronicity」
Queen「Innuendo」
Tears for Fears「The Seeds of Love」
Yes「Big Generator」



60'S US ROCK
The 13th Floor Elevators「The Psychedelic Sounds of The 13th Floor Elevators」
Blues Magoos「Never Goin' Back To Georgia」
The Doors「The Doors」
The Jimi Hendrix Experience「Axis: Bold as Love」
The Left Banke「Walk Away Renee/Pretty Ballerina」
The Lovin' Spoonful「Everything Playing」
The Mothers of Invention「Freak Out!」
The Mothers of Invention「Uncle Meat」
The Young Rascals「Groovin'」
Tim Buckley「Lorca」


70'S〜 US ROCK
Boston「Boston」
Boston「Don't Look Back」
Boz Scaggs「Down Two Then Left」
Grand Funk Railroad「Live Album」
Jobriath「Jobriath」
Neil Young「Harvest」
Neil Young「On The Beach」
Ry Cooder「Ry Cooder」
Sly & the Family Stone「There's a Riot Goin' On」
Television「Little Johnny Jewel(Part1&2)」
Todd Rundgren「Something/Anything?」



GERMAN ROCK
Deutsch Amerikanische Freundschaft「Alles ist gut」
Kraftwerk「Kraftwerk」
Neu!「Neu! '75」
The Red Krayola「God Bless The Red Krayola and All Who Sail with It」
Tangerine Dream「Electronic Meditation」

WORLD TRANCE ROCK
A-ha「Analogue」
Area「1978 Gli Dei Se Ne Vanno, Gli Arrabbiati Restano!」
ザ・ダイナマイツ「ヤング・サウンド〜R&Bはこれだ!」
The Easybeats「Good Friday/Friday on My Mind」
The Easybeats「Vigil」
Josef K「The Only Fun in Town」
Tages「Contrast」







著者あとがき(爆)

JUGEMテーマ:音楽
 
そんなわけで、約2年半にわたる私的100選もようやく(本当にようやく…)幕を閉じることになりました。

しかし、自分はなんでこんなこ とを始めたかってのはちょっと憶えてないです。そもそも偉いライターが集まった出版社が100枚選ぶのもバカバカしく見えるときがあるのに、素人の自分が 100枚選ぶってのもねぇ…(爆) という思いもありますが、「選出する」という作業が書くことへのほんの些細な責任を与えてくれて自分の書き方みたいな ものが形になった気もしますし、自分は何が好きなんだろう?というのを考える機会にもなり、そのバラバラに選ばれたものたちから自分なりの共通項を考えて みたり…と、結構自分で面白いから長く続けられたんだなぁと思いました。
もちろん一生これが自分の選んだ100枚というわけでなく、極端にいえば 時間が流れる中で、分刻みで変わってもおかしくないようなものだと思います。もちろん数も多く聴いてないですし。僕の思いとして、数多く聴いたり、音のい いものを選んだり…どちらもとても大事な要素だと思っています。その上で、自分がその作品に対してどう思ったか、を理解することが一番大事なことだと思っ ています。その手助けのためにカテゴリの本の欄もありますし、こうしてブログにエントリするのもその方法の一つだと思っています。そして他の方からいただ くコメントももちろん。2年半もかけて100枚について何かしら書けたということを、何かの区切りにできそうです。
日々読んでくださった皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。


で、このブログはどうなるのか?ということですが、今までのようなのとは違う形で、続けていこうと思っています。ただ、メインの作業場所ではなくなるかも… 詳しくはまだ決まっていないので、まとまったらまた書きたいと思います。


ち なみに100枚選んだものは、サイト右のカテゴリから選んでいただければ見ることができます(あとでエントリの一番上に持ってくるかも)。番号と更新の日 付が前後しているものがありますが、それはきっと途中でとっかえひっかえしたのかもしれません(大爆) いやはや、意思薄弱…

そんな 100枚リストを見て「アレがねぇ、コレもねぇ、おらこんなブログいやだ(爆)」と思われること請け合いでして(もちろん、自分と99枚も被ってマンモス うれぴー、というのでもありがたいですが)、リスト先のコメント欄に何か感じたことを書いてくださってもオッケーです。返信するかどうかは穏やかか激流か の流れを見て判断を…(激爆)


最後に、更にその中から今の気持ちとして10枚選んだものを右のアマゾン・ウィジェットに掲載して終わりにいたします。


ということで、4番、サード、いたち野郎の第一章閉幕です。長い間ご覧下さりありがとうございました。近々、第二幕みたいの(爆)に続きます。


いたち野郎





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM