スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

カテゴリ移行のお知らせ

 こちらのカテゴリの続きは



4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜

にて移行して続けております。どうぞこちらのブログもよろしくお願いします。



書籍 「ゴルバチョフはロックが好き?」

 JUGEMテーマ:音楽



「ゴルバチョフはロックが好き?」
原題:Back in the USSR

著者:アルテーミー・トロイツキー
訳者:菅野彰子
晶文社
初版:1991年
ページ数:331(本編)
価格:定価3200円


読みやすさ
(文章):           ★★★★☆
(構成):           ★★★★★
読みごたえ:      ★★★★★
初心者にも安心:★★★☆☆
マニアック:       ★★★★☆
オリジナリティ:   ★★★★★

オススメ度:    ★★★★☆


日本人のロック好きもここまで来たか、という感じで、なんと今から20年近くも前にロシア・ロックについて書かれた本が日本語訳で出ていたとは!古本屋で250円(爆) という値段だったので早速買って読んでみました。後にも先にも日本語で書かれたロシア・ロックの本なんてないだろうにオススメ度も何もないだろうと思うのですが…

まず著者のアルテーミー・トロイツキーという人物についてですが、彼は70年頃から音楽ライター、またロック審査会の審査員など(これについてはまた後に説明を…)をモスクワを中心に行っていた人物で、ロシアのロックの動向をミュージシャンとともに歩んできた人物です。

そんな彼がこの本の頭で前置きしていることが、この本はいわゆるデータブックではない。いつかはそうした本を出すかもしれないが、今回は自分の見てきた、体験してきたことを元に、ロシアにおけるロックがどういった環境で展開されていたかを少しでもリアルで感じてほしくて書いた。よって、自分勝手な解釈などがまま入ることがあるかもしれないが、それはご容赦願いたい…といった感じでした。それでも、ある程度の作品やミュージシャンについての情報が巻末に付録として載せられています。


未知の国のロックというのは、その国の伝統的風習や文化に根差したものと関係がある…と期待してしまうものです。
僕はロシアについてほとんど無知ということもあって(研究がら、10人以上の人を殺した凶悪な教師とチェルノブイリ原発事故くらいしか…)、はてさてどんな音楽性のものが展開されてきたのかしら…と読んでみると、これは意外や意外、著者も書いていましたが、音楽的には、イギリスやアメリカで売れていたロックの域を出ない、またはそれより程度が低いものばかりだったんだそうです。ビートルズ、ブルース、レゲエ、パンクス、スカ、へヴィメタなどなど…そうした言葉で括ってしまってオッケーなバンドが大半なのかなんなのか…
ただロシアのロックがアメリカやイギリス以上に優れていた面として、彼は歌詞を挙げています。ロシア人は幼い頃から詩に親しむ風習があり、また閉塞した文化状況もあって、歌詞は激しく、しかし隠喩の優れたものが非常に多かったようです(本の中でも頻繁に曲の歌詞が引用されています)。 そうすると自然に、パンクスの中にはポエトリーな音楽を披露するのも出てくるほどだったそうです。

僕はロシアでのロックというのは非常に厳しい監視下のもと、地下での活動を余儀なくされている、と想像していたのですが、どうもそれは正確ではないようでした。ロシアで音楽活動する場合は、国の認可を受けた者のみが、演奏をし一定の給料をもらうことを許されていたそうです。国の認可を受けないミュージシャンが勝手に演奏を行い金銭を受けることは法律違反でした。しかし、金銭さえ受けなければ、どんな音楽活動をしようが自由だったようです。国や知識階級からしてみれば…この本で言えばビートルズから始まった…ロックは、確かに憂えるべき存在でしたが、それを鼻で笑うように無視し続け、新聞やラジオでは、ロックなんてものはこの世に存在しないかのごとく言葉にしてこなかったそうです。
しかし80年代にもなるとこの勢いを国は無視できなくなり、モスクワに一つか二つだけ、合法的なライヴ・ハウスを作ることを許可しました。これでロック・ミュージックが羽を伸ばして活動できるかと思いきや、国の認可を受けるということは活動が制限されることでもありました。役人の厳しい監視のもと、表現の激しいミュージシャンは駆逐されていきます。その方法とは、これはロシア特有なのかもしれませんが、ロック・フェスティバルのたびに審査員がバンドの審査を行い、順位を決めるという方法でした。これも当時ロシアが抱いていた政治的状況を鑑みると、一概に悪いとは言えないようなのですが…

音源については、60年代や70年代のライヴの模様はほとんどといっていいほど録音されなかったそうです。残念。80年代になってミュージシャンが非合法に自作のカセットテープを作るようになり、ここでようやくミュージシャンごとにアルバムが作られていったようです。 政治体制に翻弄されたロックの歴史、といったとこでしょうか。

それにしても原題が的を射ているあまり、邦題がやや残念な仕上がりです。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




書籍 「クラフトワーク〜<マン・マシーン>とミュージック」

 
JUGEMテーマ:音楽





「クラフトワーク〜<マン・マシーン>とミュージック」
著者:パスカル・ビュッシー
訳者:明石政紀
水声社
初版:1994年
ページ数:264(本編)
価格:定価2884円


読みやすさ
(文章):           ★★★★☆
(構成):           ★★★★☆
読みごたえ:      ★★☆☆☆
初心者にも安心:★★★★★
マニアック:       ★★☆☆☆
オリジナリティ:   ★★☆☆☆

オススメ度:    ★★★☆☆



長い間お休みしていたので、もう一つ軽くいきましょう。ということで、ありそうであまりないのがクラフトワークに関する日本語訳で出された書籍。こちらはそんな数少ないクラフトワークに関する本の日本語版。全体的にはバイオグラフィ的な側面がほとんどで、あとは著者からした各作品の評価、ドイツのロック音楽であるという観点から、イギリス、アメリカ、そして意外にも日本との関連性についても著者の考えが広く書かれています。

こんな本を紹介しているからといって、別段僕がクラフトワークファンというわけでもなく、オフィシャルでCD化されていない初期三枚はとても好きなのだが、あとは「アウトバーン」がややいいかな、というくらいで、それ以降は特に好きというわけでもないという…そんなわけで、個人的には初期のあたりを知りたくて読んだ、という具合。もちろん全編通して読了しました。

多くのドイツのポップ・ミュージックがイギリスの市場を意識し英語で歌われたりタイトルも英語でつけるのが主だった60年代、もちろんドイツ語で歌っているポピュラー歌手やロックバンドというのもいたのですが、なぜかそういったことは無視されて(爆) グループ名、そして自身の曲名をドイツ語で名付けたのはクラフトワークの快挙の一つである…という感じで始まります。 恐らくはワールドワイドな活躍をしたグループに限っての発言ではあると思います。タンジェリン・ドリームは英語ですし、カンは英語や日本語でも別の意味として通じるように名付けられ、アモン・デュールは曲名はどれも英語とか…など。イギリスやアメリカなど英語圏の国へのアピールを、敢えてドイツ語で挑戦しようとした意気は確かに他にないものかもしれません。しかしほとんど歌っていたわけではないので、本当に曲のタイトルくらいに限られてしまいますが…

このあたりからも見受けられるように、本の中ではクラフトワークがかなり高く評価されています。高く評価するのはいいんですが、他のドイツのグループやエレクトロニク系のグループの多くがケチョンケチョンに書かれていたり(爆) 確かにクラフトワークには徹頭徹尾守ってきた、彼らなりのプロ意識があり、それによってカリスマ性と売上の高さの両方を確立してきた側面が強く、それは実に個性的だし、クラフトワークの主軸の二人(ヒュッター&シュナイダー)が構築した創作活動における哲学であるといえるでしょう。
しかし、この本はそうした彼らの哲学にべったり沿って書き進められているところがあり、ところどころで疑問を持たざるを得ません。実によく褒めているので、どのアルバムについても良いように書かれていて、読んでいるこちらは聴きたくなるような気持ちになるのですが、聴いた記憶がある自分としてはどうも複雑な印象を抱くのでござんした(爆)

付録として、クラフトワークの各作品についての資料があり、これはアルバム、シングルなど各国での品番など書かれていて、重宝するかもしれません。

本のどこかではたしかこんな感じのことが書かれていました。
「(売上は別として)プレスリー、ビートルズに次ぐロックの新しい転換点は、クラフトワークの登場であることが明らかである」
本当にそうかどうかは、これからの世界中での議論に期待するといたします…。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




書籍 「日本レコード文化史」

JUGEMテーマ:音楽
 

日本レコード文化史
著者:倉田喜弘
岩波現代文庫
初版:2006年
ページ数:318
価格:1100円+税

目次
1.近代を告げる音
2.国産化の道
3.視界ゼロの時代
4.対立と抗争
5.音の大衆化
6.破局への道
7.音の追求


読みやすさ
(文章):           ★★★★★
(構成):           ★★★★★
読みごたえ:      ★★★★★
初心者にも安心:★★★★★
マニアック:       ★★★★★
オリジナリティ:   ★★★★★

オススメ度:    ★★★★★



「日本レコード文化史」…もはやロックの本ではないんですが、一度だけポール・マッカートニーの名前なら出てきます(爆) しかも僕はLPレコードの文化史かな、と思って買ったのですが、時代でいうと明治〜戦前がほとんど(爆) つまり蓄音機やSPといったところについて書かれた本とでもいいましょうか。

しかしさすが岩波文庫から出されるだけあるというか、濃密でありながら分かりやすく偏らない表現で、すごく読みやすい本です。音楽ソフトが商売となり、レコードが全国に普及することにより国民生活にどのような影響与え、また、政治社会をどのように反映してきたか…そして何よりも、レコードの普及によって皆が「音楽」について真剣に考え始めたこと…読んで想像するだけでドラマチック。感動します。


レコードの普及によって大きく変化したことのまず一つ目が、著作権の在り方について。明治〜大正の頃から、数社のレコード会社により決められた値段でレコードを販売していたわけですが、正規のルートで通していないコピー盤が出回ってしまいます。既にリプロ盤の悩ましい問題は当初から起こっていたんですね。
しかし、この頃の日本の法律では著作権の概念がなかったため、裁判ですぐに販売差し止め、とはいかず、レコード会社側もかなり苦労したようです。最終的には著作権の項目が明記されるわけですが…

もう一つが「流行り唄論争」に代表されるような「正しい音楽」を巡る論戦。今でこそ数々のアーティストが売り上げを競う土壌が日本にもありますが、戦前は情報が単一的にしか入手できなかった時代。歌手が実力で売るというより、古くは歌舞伎役者、昭和ならば銀幕スターが吹き込んだレコードが爆発的に売れ、人々が口ずさむようになれば「流行り唄」としてもてはやされたらしい。論客の中にはこうした状況をよしとしない人も多く、新聞紙上などで日本の音楽の在り方が真剣に議論されていたようです。そうした軋轢の中から、淡谷のり子などの進歩的な歌手が登場する気運が生まれてきたそうです。音楽に対する向上心が芽生えたことが伺えるエピソードです。

第二次世界大戦中の「非常時」といわれたあの時代には、検閲が厳しくなり、ほんの僅かでも「風俗を乱す」と判断されたものは販売されず、最終的には、政府が国民を高揚させる曲を募集し、選ばれたものが販売されるという、政府公認レコードばかりが日本中に出回るようになったみたいです。しかし、ABCDライン(懐)などにより外交的に孤立した結果、レコードの材料が不足し、生産数は一気に落ち込んだようです。


戦後の様子については駆け足で書かれていますが、ここでまたテープレコーダーやレンタルサービスらとの著作権に関する問題が浮上。また、アーティストが持つ著作保護権の期間が日本は20年と短かったため、先にあげたポール・マッカートニーや、指揮者のカラヤンから公式に非難されるという事態も。そういえば明らかに非公式なビートルズのCDって今でもよく見かけますよね。ジャスラックのシールが貼られたアレ。 これは法律が改正され最終的には50年に伸ばされます。


またこの本の便利なところは、最後に詳細なレコードの年表が付されていること。レコード会社の変遷やオーディオ機材の進歩など、レコードにまつわる変化が分かりやすく書かれています。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




書籍 「反逆から様式へ。」−イギリス・ポップ芸術論−

JUGEMテーマ:音楽 




「反逆から様式へ。」ーイギリス・ポップ芸術論ー
著者:ジョージ・メリー
訳者:三井徹
音楽之友社
初版:1973年(現在は絶版)
ページ数:433
価格:当時1000円

目次
序章  イギリスのポップ文化とは?その定義を試みる
第一章 イギリスのポップ音楽
第二章 美術・ファッション
第三章 映画・TV・ラジオ・演劇
第四章 言語・文学・ジャーナリズム
終章   次に打つべき手のために


読みやすさ
(文章):           ★★★★★
(構成):           ★★★★★
読みごたえ:      ★★★★★
初心者にも安心:★★★☆☆
マニアック:       ★★★☆☆
オリジナリティ:   ★★★★★

オススメ度:    ★★★★★



再版されたことがあるのかどうか、手元のものはオリジナル(爆) つまり初版です。日本で発売されたのが1973年…もう36年も前の本ですか…

内容としては、やや学術的ではありますが、良心的な批評文といったところで、読み物としては結構面白いと思いました。訳文がとても読みやすいです。

著者のジョージ・メリーはイギリス人。50〜60年代前半にジャズ・ボーカリストとして活動していましたが、ビートルズらの台頭と時を同じくしてフリー・ライターに転身。この本では、70年頃までに彼がイギリスにおける「ポップ」をあらゆる角度から批評してきたものについて再度検討し、ポップの変遷や評価といったことを冷徹な視点で読み取っています。

ここでは第一章のイギリスのポップ音楽について少し…

本のタイトルのように、ポップのスタートは「反逆」から…アメリカではビル・ヘイリー&コメッツエルビス・プレスリーの姿が思い浮かびますが、イギリスのポップのスタートはトミー・スティールから始まると…そこからトラッドやスウィンギン・ロンドンの前身となる動きなど色々あるのですが、決定的なのはやはりビートルズ、そしてストーンズの登場というわけなのですが…

全体的にいって、著者はポップ音楽にはやや否定的な論調だと思います。しかし、それはポップ音楽そのものがダメというわけではなく、むしろ「本物の」ポップは素晴らしいものばかりなのだけど、それを表面的に踏襲した二番煎じのものが登場したり、こうしたスタイルの模倣が市場に出る価値がある、とされてしまうと、ポップはいとも簡単に形骸化されてしまうのではないか、ということのようです。これこそ、タイトルが示すとおり「反逆から様式へ」という意味なのだと思います(ちなみにこの言葉は、エルビス・プレスリーに関する著書の中の一節だそうです)。一瞬の閃きとともに、それが流行化することで崩壊する、そうした繰り返しがポップなのでは…
著者は、ポップ音楽には目を引くようなミュージシャンがいるにはいるが、その率は決して高くないと言及しますが、ポップ・スターには「カリスマ」が宿っていることを認めます(これはカリスマとしか形容できなかった、と本人の弁も付け加えておきます)。それはビートルズの4人の性質のバランスであり、ストーンズのミック・ジャガーの神がかり的なワルっぽさ… ただ、著者は、あのマージーブームのとき、そして、サイケデリック全盛期でさえも、ほとんどが取るに足らないものばかりだった、という指摘も忘れません。それこそあの数え切れないくらいに生産されたロックバンドの挑戦的なレコードは、ポップ文化の周辺に位置する浅いものでしかない、と… カリスマ性に長けていると評したストーンズですら、胡散臭いアルバムに終始した言うほど…
全編を読むとかなり厳しい意見ばかりなのですが、僕個人としては、黄金期と言われる60年代のイギリスも、客観的に取捨選択すれば、やはり彼と同じ意見に辿り着くのではないかな、と思います。ただ、ロックアルバムの恐ろしいところは、そうした胡散臭さが回りまわって魅力的に映ってしまったりとか、時代を経てしまえばそんな捉え方もされてしまうところですね。そんなわけでレコードの中身の評価というのは一概には言えないにしろ、究極的には僕は同意見のものがほとんどでしたし、それも著者はリアルタイムで、まるで何十年も経た今から客観的に書いているかのような冷静な評論をしているわけで、頭が下がるものがあります。
この中で彼が特筆して賞賛していたバンドを一部紹介すると、先の二つのバンドと、キンクス、プリティ・シングス、ジョージー・フェイム、ムーヴなどの名前がありました。

この評論が書かれたのが69年頃ということで、まだビートルズは解散しておらず、ストーンズではブライアン・ジョーンズがまだ生きていた頃。「ポップ」という形容詞が個人的にはしっくりくる70年代のグラム・ロックにはまだ入っていない時代でしたが、このときは著者が果たしてどんなことを書いたのか?気になるところです。 しかしそれを暗喩するかのように、ストーンズ「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」の登場で、ポップは原点に戻ろうとする動きを繰り返していくのではないか、とも書いていましたが、これはグラム・ロックにまさにピタリ。
そんなわけで、ロック音楽華やかな頃と時を同じくして書かれた評論というだけでも、そそるものがあります。面白い本だと思います。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM