スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

透け盤刑事 The Police「Synchronicity」米盤

 
JUGEMテーマ:音楽

ぱっと見普通のヴィニールに見えても、電灯に透かして見ると、なんと透けて見えてしまうレコードというのが色々あるみたいです。有名なアルバム、ポリスのシンクロニシティのアメリカ盤もその一つのようでして…



おぉ、紫色に透けて見えます。そんなわけで、純度の高いヴィニールだ、高音質だなんだかんだ、といつの間にかエサ箱の門番だったこのアルバムの米盤に値段がついていたり、なんていう大人の事情が最近ちらほら見られるようで… 大抵の米盤はこういう作りらしいので、出来れば100円で拾いたいものですね。
とはいえ、この盤の音がいいのも確かで、ポリスのこのアルバムに関しては英盤にも米盤の品番が刻まれてたりするので、米盤がオリジナルと見ていいそうです。でもUK盤と音はまるで違います。UK盤の方が低音に集まっていてドカドカくる感じでしょうか。 



英盤のジャケは統一されてますが、米盤はなんでも100種類近いパターンがあるそうで…。でもポリスってジャケのパターン多いですよね。初期のアルバムでも字の色や字体が違うとかなんとか色々あるそうで。LPの初回版はこれまた透けるカラーヴィニールだとか…

その辺りの詳しいことが、某有名探検隊のサイトにありましたが、比較のための物量がとにかく凄かったです(笑)



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)



Television Personalities&The Lotus Eaters来日公演

JUGEMテーマ:音楽
 

というわけでひーこら行ってまいりました。一番前の席のほぼ真ん中を陣取りつつ…。二日間あるのかな?その最終日の方です。当初はThe Monochrome Set&The Lotus Eatersによるライヴのはずだったのですが、モノクロームセットはメンバーの急病のため出演をキャンセル。変わって急遽同じ時代にモノクロームセットと同じくインディーズで現在まで連綿と活動し続けるTelevision Personalitiesとなりました。

初めにステージに上がったのはTelevision Personalitiesで、幕が上がったときはバンドの核であるDan Treacyがいない、という状況からスタート。どこで出てくるのかと思いきや、マフラーにセーター、ニット帽で飄々と舞台袖から今到着しました、という風情で登場し、上着をステージ端にポイとしてすぐ、おもむろにギターをセッティング…ですが、直アンプでボリューム上げただけでスタート(爆) ギタープレイは相変わらず次元を超えたいい加減さで、生々しくザラついた音を放出し続ける感じで、実にパワフルです。ドラムやベースのリズムもお構いなしの自由奔放さ。人の良さそうな感じで、終始爆音を出しながら笑顔を振りまいていましたが、残り時間の短さを知るや、放送禁止用語を連発し始めました。とにかく何を取っても規格外、大人物です。ちなみに顔がニック・デカロのような現在のもう一人のギタリストは大学教授だそうです。ミステリー。
こぼれ話ですが、ライヴ会場に向かう車中でXTCを流したところ、ダン・トレイシーは「ワオ!(両手でアルファベットを作りながら)エックス!ティー!シー!」と大声を出してはしゃいだそうです。



後半はThe Lotus Eatersで、お客さんの大半はこちらが目当てだったかのような盛況ぶり(しかしその8割近くがThe Monochrome Setが本来の目当てだったであろうと雰囲気から推測)。現在はボーカルの Peter Coyle の他に、ギターのJem Kelly Stephen Emmer というグループ体系を取っているようです。エレアコとアコースティック・ギターを抱え座る二人の間で歌うピーター、という感じで、風貌はもはや面影がないですが(爆) 歌声の質がまったく変わってない上に、更に上品になっていることに驚き!過去の綿密なバンドサウンドだったアルバム曲をアコースティックギターで再現、生まれ変わった質の高さに多分観た皆さん驚かれたのではないかと思います。ピーターさんはハイテンションでノリながらニコニコ歌う姿が印象的で、一曲ごとに「アリガト」という律義な方でした。どこで覚えたのか「キミニムネキュン」も披露。うーむ、ギターだけだと曲そのものの良さが更に浮きぼりになって面白い。歌声もアメイジーングです。なぜか会場では幻のサードアルバムとやら(8年くらい前に録ったもののどのレーベルからも出さなかったらしい)が初登場。こちらもアコースティックギターとボイスだけでの作品になっていました。


ピーター・コイルにサインをもらっているところ。チャンスがあるだろうとここぞと期待してレコード持ってきてるのが稀だったせいなのか、僕がサインを頼んだ12インチシングル盤に興味を持ってくれたようで、サイン後にレコードを取り出しレーベル面を確認しながら色々話してくれました。何て言ったかは分からんかったです。フレンドリーな方でした。
ちなみにサインには…
「Music is Everything Love+Light」-Peter Coyle
「This Single(The First Picture of You)is a love treat, but so one best」-Jem Kelly



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)



サッチャーとロック Billy Bragg 「Talking With The Taxman About Poetry」

JUGEMテーマ:音楽
 

Billy Bragg 「Taling With The Taxman About Poetry」(1984)


元々リフ・ラフというパンク・バンドのメンバーであったビリー・ブラッグという人物ですが、バンドを脱退後にイギリス軍に入隊。この兵役の間に目の当たりにしたのが、北イングランドの人々が兵士として駆り出され、そしていつ死んでもおかしくないような過酷な局面に立っているという現実だったそうで、そうしたことを訴えかけるために音楽の道へカムバックし、ソロ・アーティストとしての道を歩み出します。

初期二枚のアルバムではアンプに直でつないだだけのエレキ・ギターと自身のボーカルだけというスタイルで録音し、インディ・チャートではやくもトップの座につきましたが、辛辣なジャケが印象的なサード・アルバムの本作ではそれまでのパンク・スタイルを意識したところから視野を広げ、多くのミュージシャンをゲストに加えて音楽的な成熟が開花したってところでしょうか。しかもこのゲストというのがまた凄くて、スミスジョニー・マージョン・ポーター、カーティス・マッコール、それにケニー・ジョーンズ(当時はザ・フーか?)なんて古株もいたりします。といっても基本的にはベースレス、ドラムレスなのでサウンドの土台はあくまでビリーの激情的なギターとボーカル。

このアルバムは三年前に紙ジャケ化したときに買ったCDもあるので改めて歌詞を見てみると、議会や財力を振るう権力者らを厳しく非難し、同時に労働者の連帯を求める、といったもので、この当時はスタイル・カウンシルポール・ウェラーなんかも政治にかぶれていた頃で、彼らを含んだミュージシャン仲間と政治的圧力団体、レッド・ウェッジを結成なんてのもしていたそうです。要は共産主義を声高に叫ぶというもの。アルバムタイトルもTalking With The Taxman About Poetryとズバリって感じですね。

しかしこの頃ほど有名なロック・ミュージシャンが具体的にイギリス政治に訴えかけた時代もなかなかないと思います。ときはサッチャーの時代ということで、労働者階級が仕事がなく貧困にあえいでいた時代ですから、その代弁者としてロックがまたしても台頭してきたということなのかもしれません。以前の自分はこうしたのを見ても「若い者が性急になりおって…」みたいに思ったものですが、労働者階級出身であるということは有る意味では、相当なプライドの強さやジレンマといったものをミュージシャンに与えているのかもしれません。ワーキング・クラス・ヒーローも楽じゃありません。

近年のアルバムはまたこの頃と違った変遷ながら素晴らしいのですが、最も暑(苦しい)いこのアルバムはアンサンブルが多様化していて聴きやすいし、一応ネオアコ的な括りになるサウンドなのかもしれませんが遊びの雰囲気を感じさせない頑固一徹さが逆に新鮮。相変わらず不器用な歌声&エレキ・ギターの音色に、ジョニー・マーのカラフルなアレンジが柔らかく被さるシチュエーションがいい具合です。




ジャケの右下にはアルバムの料金についてPay No More Than£4.49と書かれています。この前のアルバムにも書かれていましたが、そっちはもうちょい安価だった記憶が。




こちらはインナースリーヴです。



ハウス・マーティンズなどもいたGo Diskから。UK盤です。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




至高の安レコ Squeeze「Argybargy」

JUGEMテーマ:音楽
 

Squeeze「Argybargy」(1980)


好きなバンドのアルバムが安レコ扱いされてる場合嬉しいもので、案外見つかりづらかったりするものの偶然見かけたときは値段が安かったりするものです。中でも個人的にはイギリスのスクイーズが安レコ扱いで投げられてるのはありがたい限りで、作品も多いしやはりシングルなんかも多いバンド。曲の傾向からしてハズレなこともそうそうないだろう、と見つけたらポンポン買える…なんて言ってるとあまりほめてないみたいですが(爆) 中古レコ市場で安レコ扱いなのも、決して流行モノで終わってしまったグループだから、というわけでなく、当時売れていたのは事実にしても、今でも追っかけ続けているマニアックなファンはなかなかいるみたいです。ネットのオークションとかで見ても、コレクターズアイテムとかよく入札入ってますし。何よりも古びずオールタイムで通用する職人的な作曲、演奏といった質の高さが今でも人気がある所以なのかもしれません。

そんなわけでいいアルバムが多いスクイーズなんですけども、最近聴いてるのがこのサードアルバム「アージーバージー」なのでちょっと取り上げてみました。スクイーズ自体は結構古くからあるバンドみたいで、その母体となるものが1974年頃には出来あがっていたらしい。そんなわけでデビュー当初からメンバーが若くないように見えるのは頷ける、という…同年代のポリスなんかもメンバーの年齢はデビュー時からそこそこいっていたと思うんですが、恰好を若づくりしてパンク・ファッションまでしてしまったポリスと違って、スクイーズは潔いというか(爆) 髪も短くカットしてスーツ調の洋装、という感じ。かといってモダン・ポップ風な恰好かというと化粧してないからそうじゃない(大爆) そんなわけで、彼ら特有のねじれたポップセンスそのものが広い層に受け入れられた要因なのかもしれん…

初め二枚のアルバムの斬新なリズムセクションはやや影をひそめて、一聴して分かりやすい曲が多くなったこのサードアルバムですが、本当に耳に残りやすいいい曲ばかりで、もっと若い時に聴いていれば今以上に相当ハマったのかもしれません。一曲一曲の中の展開が細かくて、さりげないリフレインとか聴いててついつい感心してしまうばかり。やはり凄いバンドです。

そういえば、随分前に同名の日本のグループがいたと思うんですが、検索で引っかかったのが本家のサイトだと思ってクリックしたら日本の方で、解散してたみたいですね。結局曲を聴く機会はありませんでした。








UKオリジナル盤。安く拾えます。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




極上のロカビリー Joboxers「Gangbusters」

JUGEMテーマ:音楽
 

Joboxers「Gangbusters」(1983)


あまり巷で名前を見かけない、と思ったら結構すぐに解散してしまったグループのようで、しかもシングル数枚が売れてしまったばかりに一発屋で終わった、と見られる節もあるらしい。

彼らはイギリス人、アメリカ人混成のグループでレーベルはイギリスのRCAに所属していたようです。ジャケットのメンバーの格好からなんとなく想像がつきますが、当時ちょっと流行っていたネオロカ的なサウンドとでもいいましょうか。リード・ボーカルは右端にいる黒人ですが、彼がまた若々しくいい声をしていますねぇ…。
バンドもかなりうまくて、特にこういうジャンルって演奏のウマい下手で見られることもあるので、ビート感のノリが悪かったりすると拍子抜けなんですが、シングルカットされた頭の曲が「ボクサービート」なんてタイトルがつけられたくらいで自信があるんでしょう、リズムに躍動感を与えるセンスはかなり良いんじゃないかと思います。
ロカビリーの表層的なイメージをなぞるだけに終わらず、ドゥ・ワップやゴスペルの現職的な香りも強くて、きっとその辺りの音楽に理解も深かったのでしょう、だからこそどの曲も一本調子に終わらないし、バラエティにも富んでいる名盤だと思います。
下に乗せた動画は、彼らの一番ヒットしたシングル「Just Got Lucky」のビデオ。




手持ちはなぜかオーストラリア盤。オーストラリア盤といえば池袋のだる○やはオーストラリア盤ばっか置いてありますね(爆) 片面コーティング仕様





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM