スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

クイーンのカルトチックな作品 Queen「Queen」



ユーライア・ヒープの影響を受けたグループとしてよく名前に挙がるバンドの一つにクイーンがあるようです。
↑のアルバムは、30年間栄光と悲壮、そして復活の道を辿ってきた彼らの記念すべきファースト・アルバムです。その名も「Queen」。

 □クイーンだけど、かなりカルトに感じる…□ 

「Queen」という言葉は、イギリスでは「ホモセクシャル」を意味することもあるらしく、彼らの美貌とグラム風な派手な格好が災いし、ホモのバンドとして偏見を抱かれ、アルバムが発売しても、本国の評論家からは「こんなバンドが売れたらネクタイでも何でも食ってやる」やら「バケツいっぱいの小便みたいなアルバム」やら酷評も酷評だったそうで…(汗)

もし、彼らがこのアルバムだけを残して消えてしまったバンドならば、きっとこのアルバム、カルト的に扱われてもおかしくないと思うんです。異端と言った方がそれらしいかな?ともかく、その後の「供「sheer heart attack」などがあるため、逆算して聴いてルーツなんか感じたり出来るんですが、これ単体で聴くと、確かにヒットするバンドには聴こえません…それぐらいヒット・ソングらしきものも、トータル性も見つけづらい作品だと思います。日本では売れた彼らでしたが、当時、これを聴いてその後の大躍進を予感した人はどれだけいたでしょうか…?

今改めて聴くと、本当に変な曲が多いです…このアルバム。クイーンはセカンドの「Queen供からアルバムの作り方をすっかり心得てしまったみたいで、オペラやっても、ファンクやっても、バンドの時間が残り少なくなったときでも、アルバムをムラなく仕上げてきた彼らが、唯一「どうやって作っていいか分かりませんでした…」という雰囲気を醸し出しているのが本作だっていう印象持ってます。
でもロックって面白いもので、アルバムがよく出来ていないから内容が悪いとは限らないもので、逆に破天荒なモノが面白く、心地よく聴こえたりすることもありますよね!? というわけで、個人的にはこのアルバム、やっぱり変なアルバム、だけど、愛聴盤です。


○限りなく独り言に近いアルバムの感想○

昔初めて買った音楽アルバムがクイーンだったんで、愛聴盤と自称するこのファースト、何度も何度も聴いてきたはずなんですが、今でも耳にうまく馴染んでくれません…アルバムの冒頭に収められた彼らの記念すべきファースト・シングル「keep yourself alive」の出だしのギターからして、なんだこりゃ?って感じで(笑) ハード・ロックのアルバムなんてよく言われるのでついその気でいましたが、この曲はよく聴いてみるとカントリーチックな側面もありますよね。’39リロイ・ブラウンをその後作曲するブライアンの趣向はここから始まっているように感じます。ちなみに、アメリカのハリウッド盤のCDでは、クイーンにしては珍しい、この曲のアウト・テイクを聴くことが出来ます。ギターは遊んでるし、ドラムソロもこちらの方がGOODです!
でも、もっと変な曲はいくらでもあって、A面ラストの「my fairy king」…この煮え切らない感じのギターの始まり方もやっぱり変! ベルベット・アンダーグラウンド「white light/white heat」のヘナヘナコーラスでの始まり方と双肩をなす謎な始まり方…と僕なんか思ってるんですが、ちょっと土俵違いか!?この両バンドじゃ!?という思いも片隅に残しつつ…。

名曲B面の「liar」…曲のつなげ方もドラマティックというよりは、結構肩身狭そうに矢継ぎ早につなげたって感じがします…でもそこがやはり面白いですね。その後の彼らの大曲志向への布石になってるのは確かでしょう。この曲にかけるメンバーの想いは強かったんじゃないかって感じます。演奏がこの曲だけやたらウマいんで、なんとなくそんな想像をしてしまいます…。

一番洗練されてる上、凄く好きな曲なのは次の「the night comes down」ですね。ブリティッシュ・フォークの味つけが強く、アコースティック、エレキ問わずのブライアンのギター・ワークの素晴らしさも実感できますし、フレディのハイトーン・ヴォイスも堪能できます…そして、そんな雰囲気を一気にぶち壊すのがロジャー作曲「modern times rock'n'roll」。いきなり暗くて重苦しいロックンロールの開演には、未だに抵抗あります(笑)

ロジャーのスネアやタムの音の重さ(低さ)、ジョン・ディーコンのベースの重さが尋常でないため、全体的に重苦しい雰囲気を感じますが、そういうところやコーラス・ワーク主体のところがヒープの影響を受けているといわれる所以みたいですね。ルックスの差はともかくとして(爆)


☆前身バンド、スマイル☆

話は変わりますが、クイーンの前身バンドにスマイルというバンドがあったのをご存知でしょうか?ブライアンティム・スタッフェルというシンガー・ソングライター、そしてロジャー・テイラーの組んでいたスリー・ピースバンドなのですが、こちらの曲はほとんどソフト・ロック的な感じですね!ブートでしか持っていませんが…(汗) この頃からフレディはバンドを度々見学に来ていたようで、結局バンドが成功しないため脱退したティムの代わりにフレディが参加した、という経緯なのですが、そういうことも合わせて聴いていると、楽曲がガラリと変わったことも感じられてまたこのバンドの持つ面白さに気づくはずです。


@ディーコン・ジョン?@

もう一つ、こちらは有名なハプニングですが、ジャケット裏のメンバークレジットで、ジョン・ディーコンの名前が間違って「ディーコン・ジョン」と印刷されてるんですよね!他のメンバーは面白がったためにこのままで世に出してしまったんですが、本人は当時から憮然としていたようです…。

↓ジャケ裏中央のクレジット


↓上写真の拡大。上から二行目に注目見る




これからフレディの新作発売ラッシュです。フレディのソロのベストアルバム、ベスト盤のレア盤も含めた二枚組み豪華バージョン、そして生前最後のインタビューなどを収めたDVD…事実上バンドが消えた今でも、クイーンの話題は事欠きません。そんな音楽の才能が抜群で、産業的で、芸術的でもあった彼らのスタート地点は、彼らの長いキャリアの中で、燦然…とまではいかないけども、一人怪しく輝いています…クイーン版クレイジー・ダイヤモンド!!(語感です…意味はまったくありません…)


スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 07:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM