スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

硬質問題(爆) Television「Marquee Moon」

つい最近、皇室関連の記事を書いたことが原因で、スポーツライターの乙武さんのブログが炎上しました…。他にも、政治問題中心の記事で有名な「きっこ」のブログや、ボクサーの亀田選手の記事を書いた有名人のブログも次々炎上…古くはWBCにてイチローを批判したブログたちもまた炎上−。そんなネット上での状況に打ち震えていた−というわけではまったくございませんが、

長く更新してませんでした…申し訳ございませんm(_ _)m

なぜかといっても、たいした理由はではないんですが…一年に一度くらい起こる「何も聴きたくない病」です。。。
ここ何日も、CDはおろかレコードもほとんどかけてませんでした。お金もないし、家のブツの半分くらい処分しようか…とも真剣に考えたんですが 「レコードは財産」 という師匠(?)の賢明な言葉を思い出し、重い腰を上げて何かかけてみることに…。
大体こういう時は聴くものが決まっていて、シド・バレットの「帽子が笑う」とかロバート・ワイアットの「ロックボトム」とかニック・ドレイク等々…ポップさとは一線を画したものでロック魂を復活させる手順であります。
で、手元にあった我が家の「US ROCK ちょいRARE」の箱(ウチはUSモノが極端に少ないのでジャンルは一括)を探り、一番手前にあって引っ張り出したのがこちらです。


USパンクのくくりに入れられていますが、パンクなんやらポップなんやらプログレなのやら、未だによく分からないノー・ジャンルなアルバム、という僕の認識。初めて買ったのは、中学の時に日本盤で購入。日本盤は案外レアなので高い金で買った気がしますが、当時はパッとせず即売却。今考えたら、日本盤は音がかなり悪かった気がしますね…。その後、高校進学で買い直したアメリカ盤、ここからかなりはまってしまい、70年代ロックでも三本の指に入る大・愛聴盤なのでした。

彼らエレクトラにいたんですよね…。70年代のアメリカのエレクトラというと、ブレッドとかカーリー・サイモン、クイーンの米盤とか…そんなイメージですが、そんな中でこちらテレヴィジョンはサウンド的にはかなり浮いてますね!どっちかといえば、60年代のエレクトラ勢に近い。ラヴやドアーズ…この辺とは後ろめたい雰囲気が似てないでもないかも…。同時代のエレクトラならカーズと近い!?かな。
テレヴィジョンの音ってとても硬質/無機質で冷たい感じがしますね…ラヴやドアーズの持つ人間臭さとは垣根を置いた感じで、そういう意味ではカーズ寄りかな、と思ったんですが…完成度はテレヴィジョンの方が断トツでいいかな、と(笑) カーズのファーストも好きなんですが、個人的にアメリカのパンク・アルバムではテレヴィジョンのファースト「マーキー・ムーン」で決まり。

ボーカルでギターのトム・ヴァーレインは、当時パティ・スミスとも恋人関係にあったということで、コテコテのNYアンダーグラウンド・シーン出身の代表的存在。彼らの音の冷徹さは、まさにNYという大都市を形作るコンクリートの冷たさであり、路傍をひたすら行き交う人々の景色…そして、無機質な中に感じる生々しさは、文学的でロマン溢れる詞と、あまりにも個性的なギター・リフ…。

最強なのはA面で「See no evil」から変態的なギター・リフの曲で始まり、後に12インチでも登場している「Venus」へと流れる。テレヴィジョンというバンドの演奏の実力を結集したものがA面ラストの「Marquee Moon」であるならば、トムの作曲の天才ぶりを結集したものが、この「Venus」だと思う。70年代ロックのワビサビ備えた曲構成を一切無視した変態な展開…今日は変態しか言ってないかも(笑) 「Marquee Moon」でのインプロは何度聴いても飽きがこない迫力と緊密さが詰まっている…スタジオレコーディングとは思えない。
B面は正直あまり聴いていません。なんか演歌っぽい曲が多い気がして(笑) 今聴き直したら案外面白い曲が多いなぁ、とも思ったので、これからはB面から聴いてみようかな…。

他にも、コーラスも個性的だし、トムのボーカルもウマい上にヘナってるところが面白かったりと、このバンドは個性の塊といったところですが、忘れちゃいけないのがドラム。名前はビリーというらしい。今はじめて名前確認しましたが(汗) 彼のドラムは本当にいいですね…。リズムとしてのフロア・タムを絶妙なところで使うし、ハイ・ハットは意識して強く叩き、無機質な雰囲気を一層増大させている。ドラム自体とてもウマいので、バンドの音が凄くしまって聴こえるし、彼の存在はかなり大きいと思う。さすがブライアン・イーノが70年代前半から目をつけていただけある。本当にこの人が目をつけた人は皆成功してますね。なんでだろう(笑) 
とにかく、70年代前半からNYという色々な意味で特殊な大都市の地下でくすぶっていたものが、ニューヨーク・ドールズらを筆頭に少しずつ芽を出していき、ついにはテレヴィジョンなんて怪物を生み出し、「No NewYork」なんて企画モノまで出てしまったり…アメリカものはあまり所持してない僕ですが、このNY地下シーンというのは、本当に興味深いですね。

ちなみに、バンドはセカンド・アルバム「Adventure」を発表後解散し、92年に再結成。「三枚目のアルバム」となる「Television」を発表しています。この三枚目のアルバムは最近ようやく聴いたんですが、ファーストを意識した作りになってて、結構な力作だと思います。ファースト好きな方にはお薦めです。ハードで硬質だった雰囲気というより、枯れたような渋い雰囲気の演奏が聴けるはず。

最近は再評価も高いようで、若い人でも彼らのことは知ってる人、結構います。恐らくカーズよりは知名度が高いはず。状況の逆転ですねこれは。。。パラダイム転換!?ちょっと違うかな…。昔のメジャーだったアーティスト/バンドって、驚くほど今の人は知らないです。モンキーズのCDよりフーのCD持ってる人の方が多いんじゃないかな?恐ろしい時代です。 
去年くらい出たリマスタCDも評価が高いようで、当分静かなる「Television熱」は冷めないことでしょう。



セカンド・アルバム
アドヴェンチャー
アドヴェンチャー


1992年発売のサード・アルバム
Television
Television

追記:下らないタイトルですみません。。。最近、本当にクリエイティブさが欠けています。ご注意ください。

スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 07:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM