スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2006年耳ダコな5枚

どうも皆様、かなりご無沙汰しております。最後に記事書いた16日以来、学園祭期間ということで、とにかく忙しかったのやら、学園祭を終えても、どうもテンションが上がらないまま、12月を迎えてしまいました…。ほとんど更新していないのに、毎日たくさんの方に見に来ていただいていることには、感謝のしようもございません…本当にありがとうございます〜m(__)m
ただいまも、卒論の真っ最中ということで、それなりに忙しいです。締め切りは1月10日ですが、年末年始は家の都合で北海道へ行かなければならないので、それまでにほとんど完成させなければ…という昨今。
そんなわけで、ここ半月は、ろくにゆっくりCDもレコードも聴く暇がない!です。当然何も買っておりません。あ!クリムゾンの新作ベストは先輩から借りて聴いています。 エピタフはレコードだと音割れちゃうんで、重宝しますね。
うん、ホント、最近はこれくらいです(泣)

つまり、書くネタがありません…というより、今まで聴いてきたものですら、書き上げるために必要なボルテージが上がりません。。。んで、今何気なく自分の昔の記事眺めていたところ、こんな企画モノ記事がありました。すっかり忘れてた。てなわけで、早速今年も開催いたします(笑)

〜2006年、耳にタコが出来るほど聴いた…かも知れない盤5枚〜
Nick Drake「Pink Moon」(1972)

Pink Moon
Pink Moon
Nick Drake

今年に入るまでCDで聴いてましたが、2ndプレス(マトは1/1でした。やはり当時は売れてないんだな…。)を安値でゲットしたので、それからはヴィニールで聴いておりました。梅雨のうっとおしい時期、家でコソコソ観賞するのには最適でした…。

Be-Bop Deluxe「Axe Victim」(1974)

Axe Victim
Axe Victim
Be Bop Deluxe

今年に限らず、昔から結構な頻度で聴くアルバム。ビル・ネルソン関係のアルバムは多数出ておりますが、繰り返し聴いているのはこのアルバムくらい。やたらねちっこいギターに癖を感じる作品なところが、かなり好みです。

The Hollies「Yes I Will/Nobody」(1965)



シングル盤です。真ん中は割れてドーナツ状態ですが、某所にて100円で買えたのでよしとしましょう!この曲、どっかにテイク違いとかあった気がしますが、この英国シングル盤のバージョンは凄く好きです。マージービート特有の甘ったるいメロディながらも、ウマいコーラスとか演奏の激しいうねりとか、ちゃんと後世に伝えられる仕事をしてる感じがします。エヴォリューション以降ってあまり好きではないんで、個人的なフェイバリットはこの頃ですかね〜。バス・ストップも…やはり好きです…(笑)

The Mojos「Everything's Al' Right/Give Your Lovin' To Me」(1964)



若干マニアックかも知れません…知名度はどうなんですかね?さっぱり分かりませんが、この曲はビートグループ・マニアのデヴィッド・ボウイのアルバム「Pin Ups」でもしっかりカバーされてるので、耳にした方も多いと思います!
The NojosもThe Holliesと同じマンチェスター出身だったと思います…が、アルバムらしいアルバムを一枚も残せず解散。CDではオムニバス盤みたいのが出ていますが、このシングルの出来がやたらいいので、ちょっと浮いたCDになっちゃってるんではないかと…。B面の曲もどうも平凡。とにかく、この盤のA面のカッコよさといったらないですね!当時も結構売れたみたいですが、スウィンギン・ロンドンの時代に出ていたら、もっと面白い評価をもらえたかも知れない…そんな曲です。

The Easybeats「Friday On My Mind/Made My Bed:Gonna Lie In It」


これも「Pin Ups」でカバーされてますね〜。この曲「超」がつくほど大好きですが…というより、Easybeats自体「超」大好きなんです…。当時のバンドは勿論、今に至るまで、彼らのフォロワーに当たるような人っているんでしょうか?そう思わせるくらい個性的な連中です。オーストラリア出身だから?でもビージーズとはまるっきり違う(笑)
そしてこのカッコいいピクチャー・スリーヴ付(裏面はステージに上がった女性がガードマンに捕まるという、なかなか粋なジャケット)シングル盤、オーストラリアUAのMONO盤…オーストラリアのオリジナルですか?勝手にそう信じています(笑) 詳しいことが分からなかったので、ご存知の方はコメント欄にてお知らせください!
このシングル盤、UKのも持ってますが、このオーストラリア盤の瑞々しさの前には平伏して欲しいくらい、いいです。オーストラリアとか、ニュージーランド盤って音悪いイメージなんで、凄く嫌悪しちゃうんですが、この盤は特別。やっぱり当事国の盤が一番信頼できます。。。

まぁこんな感じですが、去年と大分趣きが違うことには、本人も驚き。60年代好きを再確認すると同時に、やっぱこの年代はシングル盤ですね…。「2分で終わったのを何度もひっくり返すのなんて面倒じゃん」では済まされない素晴らしき世界いっぱいでございます…。

スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 05:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM