スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ソフト感覚なトータルアルバム Caravan「In The Land of Grey and Pink」

普段は一枚のアルバムに固執せず、とっかえひっかえな僕ですが、最近はキャラヴァン「グレイとピンクの地」を結構聴いとります。久しぶりに聴いてみると結構心地いいですね〜こりゃ。

グレイとピンクの地+5
グレイとピンクの地+5
キャラヴァン

キャラヴァンというと、オリジナル盤がめちゃくちゃ高騰しているナイスジャケなファーストのイメージがまず頭に浮かぶんですが、これも初期〜中期の名作と誉れ高いらしいです。

ちょうど手元に日本盤のアナログがあって、帯の文句見ると…



 「キャラヴァン初期の傑作!その淡々と繰り広げられるオルガンを中心としたインタープレイの素晴らしさ!特にB面全てを使い、20分以上にも渡る大作組曲「9フィートのアンダーグラウンド」ピンク・フロイドの「アトム・ハート・マザー」「エコーズ」に匹敵する意欲作なのだ!!」  (原文ママ)



…とのこと。
このアルバムはフロイドのアルバム「エコーズ」のように、A面には小品数曲、B面には一曲という構成。EL&Pの「タルカス」はA,B面逆の構成だったけども、トータル性ではこの「グレイとピンクの地」の方がずっと整っている気がする。個人的にはフロイドの方が断然お好みなので、「9フィート…」とフロイドの長編曲を比べるのはどうも厄介なのだけど、テーマの重いフロイドとは違って、空想のカラフルな世界観を反映させたような彼らの曲はもっと軽くて聴き易い。そこが良かったりもするのだけど。

よくプログレに分類されながらも、その聴き易さをさらに反映させているのはやはりA面。頭の曲からちゃんと歌モノだし、それはA面全編にわたる。
改めて曲一つ一つ聴いてみると、プログレって感じはほとんど受けなくて、どうもソフトロックらしき印象を抱く。ギターもみんな明るい音だし、リズムも跳ねる感じで、何より曲がポップ。ホーンやフルートも使われているけど、ジェスロタルとかクリムゾンとかのいかにもプログレって感じではなくて、むしろ曲を牧歌的なものにするのに役立てているといった風情。
初期のサイケ期と、後年のホーンも多用した頃との間に挟まれた時期というのもあるのか、サイケな怪しさとポップなセンスがいい具合に同居しているのが傑作たる所以ですかね〜。こういう見事な融合がいかにもロックアルバムって感じですね。

何やらソフトロックだなんやらと言った割には、ブログの中でのカテゴリは「プログレ」。悲しい性であります。。。

スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 04:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM