スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

〜私的100選〜 George harrison「All Things Must Pass」

オール・シングス・マスト・パス 〜ニュー・センチュリー・エディション〜
オール・シングス・マスト・パス 〜ニュー・センチュリー・エディション〜
ジョージ・ハリスン,ボブ・ディラン

新企画発動…ではありますが、結局書くことはそれまでとなんら変わらないと思います(笑) しかし、自分の中でのモチベーションは底上げされるはず…
というわけで、100選一発目は何にしよう…と結構悩んだ挙句、選んだのがジョージ・ハリスンのソロ・アルバム「All Things Must Pass」
ビートルズで一番好きなメンバーは?と言われると、すかさず「ジョージ・ハリスン!」と答える僕ですが、果たして、ジョージのどこが好きなのか?
曲作りの才能では明らかにジョンとポールの二大ソングライターが突出していたし、ビートルズ時代に書いた曲は1割程度。

それでも、彼の書いた「Don't Bather Me」から「Here Comes The Sun」まで、愛さずにはいられないメロディと、蚊の鳴くような、自信なげな歌声…彼のバンドでの立場とかそういったものが反映されてるのかもしれない。それにしても、ホワイト・アルバムイエロー・サブマリンでは、ジョージの曲が比較的多く取り上げられていて、後期には彼の力量もバンドの中でじょじょに認められてきていたのかもしれない。そして、彼にとって初めてのA面シングル「Something」で、名実共にジョン&ポールに肩を並べたのだった…。

そしてその後にすぐビートルズは解散。同年の1970年に発表されたのが、この三枚組みの「All Things Must Pass」。
三枚組みで発売されると知ったジョン・レノンが「ジョージは頭が狂っているのか?」と言ったそうだが、レコードで三枚組みが発売されることも、ボックスものやVAモノ以外ではそうそうないことだし、変人のジョンもこの行為を「狂気の沙汰」と捉えたのも無理はないのかもしれない。しかし、セールスは結果的には大成功を収めるのでした…


コレ聴いててまず惹かれるのは、曲の良さとか、ジョージの泣きのギターだぁとか、そういったもんじゃなくて、くぐもった変な音。これに尽きる。プロデューサーはLet It Beのプロデュースも行ったフィル・スペクターで、いわゆる「Wall of Sound」ってやつなんでしょうかね。英国特有の「Wall of Sound」とジョージの目指していた泥臭いスワンプとの謎めいた融合…。これがこのアルバムの価値を決定付けていると言っても過言ではなさそう。バック・バンドはその後デレク&ザ・ドミノスとなる連中というわけで、演奏の核は完全にアメリカ的なんだけど、ジョージのスライドやフィルの音作りといった装飾品は完全に英国チック。アメリカ国旗のTシャツの上に、ユニオンジャックのジャケットを着た、そんな感じ。融合というより、かなり足し算的な気がする。

ビートルズ時代に書き溜めていたのであろう曲が、二枚のLPに凝縮されていて、彼の全盛期の陰の部分が浮き彫りにされていて、それだけでも興味深いのだけど、どれも一聴してジョージ節だと分かるし、いい曲が多い。スローなテンポの曲が目立つんで、アルバム全体としての起伏には少々欠けるけども、それも「スワンプ的」といったところか。

特に好きなのはやはりA面ですかね〜?「My Sweet Lord」「Isn't It A Pitty」やらの名曲が入っているのはやはりおいしい。「Wah-Wah」なんてWall of Sound全開で、アルバムの中ではサイケ感もあって少し特異な曲。
C面も表題曲とか「Beware Darkness」も好きだし、複数枚組みのアルバムの割には、かなり聴いたアルバムです。三枚目のクラプトンとのジャム・セッション…あれだけ少しほったらしだったけど、改めて聴くと、こっちの方がずっと聴けて面白かったり…年齢が経るにつれて、自分の聴き方も変わってきたのかもしれない。しかし、いちミュージシャンにこれだけ豪華なメンバーが集まるというのも、70年代という豪華絢爛なロックが展開される時代の幕開けにふさわしいのかもしれない。





上:アルバムのUSオリジナル盤。左のレーベルは三枚目のクラプトンとのジャムセッションを収録したもの。アップルジャムとかけているらしい。こういうセンスはジョージならではですなぁ。

下:LPは三枚を箱に入れた豪華なつくり。ポスターつき。

初のデジカメ画像です(買いました)。想像以上に重かった…すみません…





スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 19:21
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM