スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選 Gerry and The Pacemakers「Ferry Cross The Mersey」



ビートルズの登場にちなんで、1962〜63年にかけて、リヴァプールでは様々なグループがブライアン・エプスタインによって発掘され、彼らの出すシングルはどれも大ヒットを飛ばしていた。The Fourmost、Billy J.Kramer & The Dakotas、The Big Three、Cilla Black…いわゆるマージー・グループだ。そのほとんどが、その後登場するモダンなモッズ/ロッカー勢に押され、短命に終わってしまったが、マージー・グループの代表格の一つ、Jerry & The Pacemakersもその例に漏れなかった。

しかし、このグループ、エプスタインやプロデュースを担当したジョージ・マーティンらが「ビートルズ以上」と評したほどの高い演奏力は素晴らしく、リヴァプールから登場したグループの中では突出した実力派だと思う。

多くのグループが黒人ロックンロールやR&Bの模倣がうまくいかず、アイドル的なグループに終始する中、彼らは正統派としてその模倣を成功させたグループなんではないだろうか。ロックンロールの持つ荒々しさを体現したという点ではThe Swinging Blue Jeansに譲りたいところだけども。

英国全土に広がったリヴァプール熱を象徴する映画「Ferry Cross The Mersey」に出演、Cilla BlackThe Fourmost歌/演奏で参加したサントラも担当したのが彼らだった。映画は廃盤らしく、まだ未見なのですが…。一部はYoutubeで見られるみたいです。

歯切れのいいギター(多分リッケンバッカー?)、鋭いビートを刻むドラム、ブンブンいわせて低音と高音を行き来するベース、ビートサウンドの教科書のような演奏だが、これが実に心地よく響く。リーダーのジェリー・マースデンの歌声も若々しく透き通るような声で、ウマいだけでなくアイドルの歌声に必要な清廉さも持っいるように伺える。

A面「It's Gonna Be Alright」はオープニングには最高なロック・ナンバーで、次もまた歯切れのいいロック・ナンバー「Why Oh Why」へのつなぎ方も完璧。ここはジョージ・マーティンの評価されるべき力量か。スミスのファースト「Still Ill〜Hand In Glove」のつなぎ方の先駆け…というのは強引!?
A面の白眉はなんといっても、ジョージ・マーティン・オーケストラと、ペイスメーカーズのバックによる「All Quiet on The Mersey Front」も泣ける名曲。
B面はCilla Blackの曲もいいアクセントになっているし、やはりシングルカットされた「Ferry Cross The Mersey」に尽きます。

とりあえず、黄金の60年代UKロックのファースト・ステップの一枚として、是非こちらを。まださほどまともにCD化されてないみたいですが…。






UKオリジナル、モノラル盤

スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM