スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選 John's Children「Orgasm」




シングル曲のヒットから1967年にアルバムを製作するも、タイトルがジェンダー運動家からの指摘を受けたことでお蔵入り、バンド解散後の70年に発売されるも、これまたすぐに市場から消えてしまい、結局82年にチェリー・レッドから再発されるまで(The Legend of Orgasm)陽の目を見ることがなかった、バンド唯一のアルバム「Orgasm」…

いやぁ、日本でも紙ジャケで発売されていたんですね!このアメリカ盤のジャケではもっていなかったので、偶然見つけて衝動買い…嬉しい限りです。

このアルバムから伺えるバンド像…「A Hard Days Night」の映画を見て興奮している観客の声を録音したものを演奏のバックに流す「擬似ライヴ盤」に見立てた作り、決してうまいとはいえないながらも、パワー溢れる演奏、スゥイングしているロンドンの匂い…こうしたいかがわしさ、暴力的な感じがすべていとおしい好盤だと思います。特にビートルズを擬似ライブ盤にするために利用しちゃってるところなんか、フランク・ザッパのWe are only in it for the Moneyに通じるユーモアセンスすら感じます。ひょっとしたら、コンセプトアルバムってやつですか!? いまや幻のバンドといえど、ヤードバーズのマネージャーがかかわったり、あのマーク・ボランがメンバーにいたこともあるというのだから、これまた一筋縄でいかないグループなんでしょう。

エド・サリヴァンよろしく、紳士による「ジョンズ、チルドレン!」の掛け声と共に高ぶる「擬似観客」の歓声に応えて始まるオープニングナンバー「Killer Ben」。めちゃくちゃしょぼい演奏なのに、客が盛り上がっているように錯覚してしまうせいですかね、めちゃくちゃカッコよく聴こえます(笑) いや、やっぱりこういう演奏のうまい、下手だけでは表すことのできないカッコよさが、バンドの持つ魔力でもあるし、あの時代のロンドンなんでしょう。

A面だけども、一つのハイライトといえるのが、シングルの別バージョンで収録された「Smashed Blocked」。これも聴き方によっては甘ったるいナンバーなのに、この破壊的な演奏の前では…。The Whoの前座を務めた際、フー以上に激しいステージ・アクトを披露していたことが、逆に災いとなり、ライヴをやらせてもらえなかったそうですが、このアルバムでもその暴力性はふんだんに出てる感じがしますね。うーん、やはりこの時代のロンドンは最高です!

ちなみに、上の二枚は収録曲は同じですが(ボーナスにシングル両面二組)、82年再発のLegend…の方は、オリジナルの曲順をシングルでサンドイッチする形にしていて、こういうコンセプトはどっから出てきたんだろう?っていうところも興味をひくところです。




Cherry Redからの再発盤。


スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM