スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選АBadfinger「Straight Up」






US盤

60年代的なようでもあり70年代の音、ビートルズのようなのに、もっと普遍的なメロディセンス、簡素なセットでのロックンロールのようなのに、起伏にとんだ楽曲…バッド・フィンガーは一筋縄ではいかない、本当に魅力あるバンドだと思います。

彼らに関して、このストレート・アップまでがバンドのピークという話が結構あるみたいですが、個人的にはこれに同調です。前身バンドであるアイビーズを除いて、マジック・クリスチャンのサントラ、ノーダイス、そして本作までが彼らのポップなメロディセンスが最も開花していた時期だと思います。

このアルバムの頃にはバンドの演奏もかなり充実していて、特にギターの二人の上達は目覚しいです。前作以上に演奏のまとまりも感じるし、曲一つ一つに膨らみが増し、トータル性も抜群。個人的にはこのアルバムが一押しです。

なんといってもこのアルバムのプロデューサーがトッド・ラングレンジョージ・ハリスン。元ビートルズとビートルマニアの二人が変則的な形でプロデュースに携わっているので(レーベルもアップルですし)、当然「ビートル的な」サウンドに施されています。トッド編集の曲は左右に広がりがあって上ずった感じがするのに対し、ジョージのプロデュースは音が真ん中により気味でダンゴっぽくしてる感じがしますね。

四人中三人も曲をかける上、どれもとても上質なロックンロールやバラード。バランスよく散りばめられていて、アルバムを何度聴いても飽きないです。ピート・ハム「Baby Blue」「Name of The Game」はコーラスの美しさも手伝っての名バラードで、うーむ、やはり才人ですね。自殺されてしまったのが本当に惜しいです。

B面は後釜で参加したジョーイ・モランドによるいかにもビートルズっぽい展開の「Suitcase」 (ジョージに強制されたか?)。ブルースをハードロックでやっているようなアレンジがカッコイイです。 次の「Sweet Tuesday Morning」が、これまた最高に気だるく感傷的なナンバーで、さりげないアコーディオンなんかもやっぱり英国風。やってることはアメリカ的なのに、やはり英国のバンドなのだと思い出させる曲です。
当然シングルの「Day After Day」もよいわけで(ギターソロがこれまたジョージのよう…)、次の「Sometimes」はビートルズの「What Goes On」の一節が何度も飛び出すのが微笑ましい。こちらは疾走感溢れるロックンロール。とにかく捨て曲は一切なし!文句のつけようのない曲ばっかです。

ラストの曲のタイトルは「It's Over」。その後のバンドの行く末を考えると、なんだか背筋の凍る思いをします。

スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 15:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM