スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選 David Bowie「Ziggy Stardust」




「地球に残された時間はあと五年」

そんな明言で始まる「Fiveyears」がこれまた泣ける名曲なんですねー。地球が終わると知ったある個人の心情描写が好きでして…。その部分の歌詞が


And it was cold and it rained so I felt like an actor
And I thought of Ma and I wanted to get back there...



って感じなんですが、ボウイの洞察力は並大抵じゃないな、と思わせる一文です。普段、あまり詞には注目しない僕ですが、ボウイに関しては、俳優、モッズ、エレクトロニク、ディスコ…な彼よりも、何より詩人としての彼が好きですね。
詞がいいから曲が生き、コンセプトが気持ちよいくらいに固まったアルバム…と、この「超」が付くほどの有名盤に思いを馳せているのでした。

デヴィッド・ボウイ自身が、「スパイダース・フロム・マーズ」というバンドを従えたロックスター「ジギー」に扮し、命の残り少ない地球にやってきて、地球人どもを熱狂させる…っつー、話だけ聞けば随分エキセントリックなストーリー。それでも、このアルバムが「いかにもグラムな耽美、退廃、云々…」と異端扱いされないのは、恐らく曲が普遍的だからなんじゃないかと思います。

さてさて、改めてジャケットをマジマジと見ると、荒廃した街に降り立ったジギーことボウイが、ポツンと、しかし自信ありげに写っていて…これいいなぁ。裏面は電話ボックスの中にボウイがいる絵なんですが、これもスーパーマンの設定みたいで実に象徴的。それでも、結局人々は「ロックンロールの奴隷」になってしまうわけですが…。

何よりもA面の「Fiveyears」「Soul Love」「Moonage Daydream」三曲のつなぎは最強!やはり聴きモノはボウイの中性的な甘い歌声と、ミック・ロンスンのギターってとこでしょうか。ミックはソロ・アルバムもなかなかよかったし…そんな才人二人がいたんだから、この「スパイダース・フロム・マーズ」はやっぱすごいバンドでした。
当然、シングル「Starman」は特に耳ざわりがいい曲で、日本で人気な「Lady Stardust」も、ピアノが主力の名バラード。「Suffragette City」なんて、ゲイの彼らしい皮肉のこもった曲も健在で、彼のセンスが爆発していた時期のひとつなんだろうなぁ…と勝手に思う。

なんか淡々と書いてますが、個人史においては、今まで最もよく聴いてきたアルバムの一枚だし、コンセプトと曲の中身は、一、二を争うくらい好きなアルバムなんですよね〜。ザ・イエロー・モンキーの吉井氏も、フェイバリットな一枚らしいです(そういえば、「Rock'n'roll Suicide」丸パクリの曲があった気がするぞ)。多分、彼がボウイの過去のアルバムのライナーを担当すれば、若い日本人にもボウイの知名度があがるんじゃないだろうか、と思う。村上春樹がビーチ・ボーイズのベスト盤のライナーを書いたとき、この盤は若い人が結構買っていったんだ、たしか。関係ない話ですが、随分前に、「第一回ジョン・レノン・トリビュート・コンサート(オノ・ヨーコ主催の大きなコンサートだった…)」をテレビで見たとき、まともなカバーをやっていると思ったのは、かまやつひろしと、この吉井氏だけだったなぁ。この辺は個人的な見解ですが。

ちなみに、ホンの少しだけオーディオに凝りたい僕は(知識はほぼ皆無なので、ゑんつ氏レコード店主某氏から指導を仰ぎ日々セッティング中)、こちらのアルバムも普通のCDではなく、SACDとゆー、なにやら普通のCDでは再生できないソフトのバージョンで買って聴いているのでした。もしSACDプレーヤーをお持ちの方は、こちらのアメリカ盤が安くてお薦めです。 アナログのオリジナル盤も持っていましたが、さすがRCA、音がこもりまくっています。もうSACDでは完全に別モノですね。この辺はどうでもいい話です。

下の映像は、カラオケだと思われますねー。番組は「Top of the pops」かな?それでも、やっぱり1972年当時の映像というのは貴重だなー。


スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 02:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM