スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選 Neil Young「On The Beach」


















明けましておめでとうございます。

本年も当野暮ブログをどうぞよろしくお願いいたします。


さて、上の写真のレコですが、正月に実家から帰る途中、御茶ノ水で買ってきたものです。学生ごときがなんでこんなに買えるのかと申しますと、あな恐ろしや、某ショップでは1050円以下の商品が、全品105円で買えるセール実施!!
…そんなわけで、両腕がつりそうになる思いをしながら帰って参りました。でも半分近くが買い直しです。悲しいかな、レコ道。自分にしては珍しく、すでにほとんど聴きました。新しい音を聴く喜びっつーことで、清清しい正月真っ盛りでございます。

一つ残念だったのが、年末に届くはずだったクイーンの新曲のシングルが発売延期で、届かなかったこと。既にネット上で無料配信しているそうですが、僕はそーゆーのがよく分からんので、完全にCD待ちでした(笑) 新曲とは言っても、すでにロジャー・テイラーが自分のソロ曲として発表したものをメンバーで録音しなおしたもの。クイーン名義といえども、フレディはもちろん、ディーコン・ジョン先生も不参加。HMVでの評価は46/100点。世論は厳しいですなぁ。


話を戻しまして、正月に買い直した一枚に、ニール・ヤング「渚にて」がございます。CDしか持ってなかったので、アナログで欲しいと思っていた一枚でした。







74年作。スペイン盤オリジナルの珍品。



Side1
1.Walk on
2.See The Sky About To Rain
3.Revolution Blues
4.For The Turnstilles
5.Vampire Blues


Side2
6.On The Beach
7.Motion pitures
8.Ambulance Blues


ニール・ヤング7枚目のアルバムとして74年に発売されたものの、数年前まで未CD化でした。ニール・ヤングの意向によるものだったと思うんですが…。当然アナログも高騰していたので、CD化したときはすぐ買いに行った覚えがあります。聴いてみると、ガツンくる曲はないんだけども、どの曲もすごくいいなーと思って、何度もリピートして聴いていたんじゃないかと。
バッファロー・スプリング・フィールドCSN&Yもそれほど好きというわけではない僕ですが、ニール・ヤングのソロはどれも好きなんですね。失敗作と評価されちゃうようなものまで結構聴けちゃう。なんというか…やってることはアメリカンロックそのものなんだけども、甲高い声とか、引っかくようなヘタウマなギター・サウンド、あとは、クレイジー・ホースもそうですが、若干荒削りな演奏をするバック・バンドの存在。ウェスト・コースト的なノリとは全然違う。まさにブリティッシュ好きにはもってこいのアメリカン・ロッカーだと勝手に思ってるのでした(笑) 

で、そんなニール・ヤングの変態サウンドは、「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」「ハーヴェスト」らに比べればここではそれほど表れておらず、ブルース・バンドを意識した形態によるシンプルな演奏。
,僚个世靴離螢佞らカッコいいんですねー。歪み気味なクリーン・サウンドが実に彼らしい。比較的メロディがあって、掴みには持ってこいですな。
△また名曲中の名曲で、これぞ「泣き」のスライド・ギターが聴けちゃうのがこの曲。エレクトリック・ピアノがそのスライドを包むような優しい音で…電子鍵盤系って、その時代にしか出しえない音を出すから不思議ですよねぇ。ここでのエレピはかなりいい味です。
の出だしのシンプルなコード弾き、チェリー・レッド風と思ってしまうんですが…EBTGのベン・ワットがこんな音のような…案外NWにも影響大!?い呂海譴泙拭.椒肇襦Ε優奪炸裂のシンプルなブルース・ナンバー。

B面の表題曲Δ任蓮⊆禊灰譽殴風なリズムのパーカッションが功を奏してか、実に海岸風。といっても、爽やかな風にはほど遠く、渚に一人立つ孤独と哀愁…ジャケと実にマッチした名曲。

このジャケット、好きなんですよねぇ。砂地に突っ込んだロケット、背を向けて海を見つめるヤングの隣には、二足のブーツ。裏面には、自生ではなく、植木鉢からニョキニョキと生える、痩せた木が一本…なんとでも取れる、面白くて美しいジャケット。これぞロック黄金期のジャケだなぁ…しみじみ…キーフ、ロジャーディーン、ヒプノシスetc.では、絶対こんなジャケは作らないでしょう(笑) なんだかんだ、やっぱりアメリカのロックなんだなぁ。


JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM