スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

イノセンスのある美しさ…Jobriath「Jobriath(邦題:謎のジョブライアス)」

謎のジョブライアス(紙ジャケット仕様)
謎のジョブライアス(紙ジャケット仕様)
ジョブライアス

どうもお久しぶりです。一応学生のいたち野郎です。学生なので論文を書かなければならないのですが、中間発表なるものが迫ってきたそうで!?
論理性のある文章かどうかを読み解く作業は好きなんですが、いかんせん自分でそうした文章を作るのは苦手で…このブログを見ていただいければ一目瞭然なのですが…。
そんなわけで少し忙しくなりつつあるのですが、忙しいときほど他の作業をしたくなるというもの。このブログが頻繁に更新されているときは、僕が忙しいものだと思ってください(笑)


…さてさて、なかなかの頻度で聴いているうちに、う〜む、やはりいいなぁと思っているのが、ジョブライアス。昨年に世界初CD化ということで、早速買いました。
僕は前のバイト先がCD屋だったのですが、そこに奇跡的にこちらのCDが入ってきたので買ったところ、他の人に「いたち君はゲイが好きだからな」と揶揄されました…日頃からフレディ、フレディ言ってたもんで…(爆)

こちらのアルバムは、グラムの先導者(爆)エヴァさんがCD化以前にすでに記事にされていました…こちらもとても参考になります。

Take me I'm yours
Be still
World without end
Space clown
Earthring
Movie queen
I'm a man
Inside
Morning star ship
Rock of ages
Brow away


このジョブライアスとは…元々ミュージカルの俳優で、グラム時代にエレクトラと破格の金額で契約したものの、LP二枚はあまり売れず、三枚目も立ち消えして音楽界からは名前を変えて消えていったとか…。そして83年、エイズで死去。
性の壁の突破が謳われたこの時代、実際にゲイやレズでなくても、ステージでは「演技」として中性、同性愛といったテーマが演じられることが重要だったのに対し、彼は本当のゲイだったそうで、それを公表していたのも稀な存在だったそうです。

そのためかどうなのか、彼の歌い上げ方、歌詞、どれも実にストレートで、良くも悪くも「つくりもの」だったグラム勢の中ではすごく突出したアルバムを作ったな、と思います。手法は同じなんだけども、彼の場合は確信犯でも流行を追ったものでもなく…ミュージカルの経験、同性愛者であることがクロスしてできた、作るべくして作られたようなアルバム、とでも言うべきでしょうか…。

,鯢頭に、どの歌詞もなかなか過激で、ストレートに性倒錯を歌い上げた曲が多い。基本は、モットのようなピアノの強いビートが印象的な曲が多いですが、いかがわしい女性コーラスを盛り込んだ曲もあれば、歪んだギターのリフ主体の曲もある…。なんかでは昔のロックンローラー(ビル・ヘイリーやリトル・リチャード)を讃える曲で、こうした志向は通常のグリッターとは少し違ったんだろうなと思います。グラム派には、ストーンズやビートルズのファン、つまりはグラムにとって「過去形」のロックを否定する者も多かったみたいですから…。

ジョブライアスの歌い方ですが、個人的にはスティーヴ・ハーレイに近いかな?と思っています。曲へのアプローチはだいぶ違いますが…。原詞を見る限りでは、コックニー・レベルの方がずっと難解ですね、やはり(笑) どちらの歌詞も際どさでは共通してますが、ジョブライスはずっとストレート。だからこそ、グラム云々を差し引いても、彼の曲からはイノセンスを感じられるのかもしれません。
JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 02:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM