スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(26) Echo & The Bunnymen「Crocodiles」


"Going Up" – 3:57
"Stars Are Stars" – 2:45
"Pride" – 2:41
"Monkeys" – 2:49
"Crocodiles" – 2:38
"Rescue" – 4:26
"Villiers Terrace" – 2:44
"Pictures on My Wall" (Sergeant, McCulloch, Pattinson) – 2:52
"All That Jazz" – 2:43
"Happy Death Men" – 4:56
(1980)



WEAの傘下の小さなレーベル、KOROVAなんてところから第一弾で登場したと思われるのがエコバニ。そしてそのときのデビューLPがこちら「クロコダイル」となるのですが…。初めはドラマー抜きの三人、Ian McCulloch (lead vocals), Will Sergeant (lead guitar), Les Pattinson (bass) そしてドラムマシンを使った活動をしていたようです。ちなみに、バンド名の「エコー」は使っていたドラムマシンの社名にあやかったそうです。セカンド・シングルから雇われたドラマーが Pete de Freitasとなるそうです。

エコバニといえばkilling Moonが特に売れたようで…こちらのアルバムもやはり中古屋さんでよく見かけます。イギリスでのチャートは17位とデビューしたてのバンドにしてはなかなかの滑り出し!レーベルができたてのとこですし仕方ないでしょう。アメリカでは当時チャートに入らなかったようです。

なぜか今となっては後世に語り継がれることのあまりないバンドですが、いやいや、このアルバムでの跳ねる強いビート感、耳をつんざくノイズを排したギターの音は、サイケというにはいささかスピード感に溢れていて、ロックンロールというには怪しさ十分、実に類稀な一枚だと思います。

そして何よりもこの手のバンドであまり指摘されないバンドのアンサンブル、というかノリが実に巧みだと思います。本当に新人?かというくらいの実力派。よくサウンドがU2と比較されることもありますが、エッジ、ボノという大きなフロントマンによってバランスを保つのと違い、エコバニは四人の破壊的ともいえる音のバランスの危うさが魅力だと思います。歌も安定していて聴きやすいし、今の人の耳にも新しく聴こえる要素がとても多いと思います。


最後に、ディスク・ユニオンの数店舗で、実験的に在庫データ検索を行っています。まだ御茶ノ水ロック、ジャズ・ブルース、クラシック館、新宿中古センターくらいのデータしかないのであまり引っかかりませんが、これが将来使えるようになれば、どの店舗を回ろう…という時に重宝するかもしれませんので、気になった方はちょいといじってみてはいかがでしょう?

ユニオン在庫データ検索システムはこちら


JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM