スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(29) A-ha「Analogue」


1. セリース
2. ドント・ドゥ・ミー・エニー・フェイヴァーズ
3. コージー・プリズンズ
4. アナログ
5. バースライト
6. ホーリー・グラウンド
7. オーヴァー・ザ・ツリートップス
8. ハーフウェイ・スルー・ザ・ツアー
9. ア・ファイン・ブルー・ライン
10. キーパー・オブ・ザ・フレーム
11. メイク・イット・スーン
12. ホワイト・ドゥワーフ



日々自分の未知なるCDやレコードを追いかけていると、それだけ以前から持っているモノを繰り返し聴かなくなったりすることも多々あり、年間通して繰り返し聴いているモノの数にも限りが出てくるというもの…。
そんないい加減なリスナー生活を送っている僕ですが、随分前からローテーションを守っている一枚がA-ha「Analogue」。一応今のところ最新作です(2005年発表)。この一つ前のアルバムにあたる「Lifelines」もかなり好作なんですが、本作の方がミックスがしっかりしていると思います。曲ごとにうまく音の特徴を分散させていて、聞き飽きないという面では「Analogue」かな…と。
日本でも爆発的な人気を得たアーハですが、ヨーロッパでは未だに新作を出せばチャートに必ず入る、現役のグループとして認知度が高いようです。

アーハには珍しくリヴァーヴをかけた音からアルバムの幕が開けます…しかもハイ・テンポ。この曲 ↓い魯轡鵐哀・カット曲。はシングル盤で見たことないですが、PVらしき映像はあるので、もしかしたら出ているのかも。

タイトルが「Analogue」なんていうくらいなんで、音は中音が強調されているようで、シャリシャリ感はナシ。というわけで全般的には音は暖かい感じはするのだけども、演っていることはまるでディッペシュ・モードのような打ち込みサウンドが中心。元々そんな感じだったかもしれませんが(笑)

,妊◆璽呂蕕靴らぬサウンドで度肝を抜いておきながら、△離疋薀爐任離ープニングは明らかに「Take on Me」を意識したもので、しっかりアルバムの流れを意識して作られているのが好印象。い覆鵑はイマドキを狙いすぎなのかもしれないけども、哀愁の帯び方がやはり北欧だなぁと思わせる味わいありで、なんだかんだどの曲も実に捨てがたいアルバムになってるんではないかと…。

A-ha「Analogue」



JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM