スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(30) Dire Straits「Brothers in Arms」



1.So Far Away
2.Money for Nothing(Knopfler, Sting)
3.Walk of Life
4.Your Latest Trick
5.Why Worry
6.Ride Across the River
7.The Man's Too Strong
8.One World
9.Brothers in Arms


果たしてお気に入りの100枚のうちの1枚にコレを入れていいものなのかどうか…(笑)
MTVをリアルで体験できず、95年に解散してしまったため、リアルタイムでは一切ダイアー・ストレイツには触れられませんでした。恐らく、このアルバムも、こちらに来て下さる皆さんはもうイヤというほどテレビや街で耳にされたと思うので、個人的な曲の感想は大きくカットで(爆) その代わり、ダイアー・ストレイツとの出会いをほんの少し…


若かりし頃のある日、ある本に、90年当時の売上ベスト3のアルバムは、マイケル・ジャクソン「スリラー」「バッド」、そしてダイアー・ストレイツ「ブラザーズ・イン・アームズ」と書いてあった…。
マイケルは知ってるけど、ダイアー・ストレイツって誰?陽気なおっさんか?となんとなく疑問を残しつつ、このまま約5年が経過(爆)


飛行機に乗ったある日、機内専用のラジオで洋楽チャンネルを聴いていた。その日は、機内放送にしては珍しく渋いチョイスで、ロックを60年代から音楽性の数珠つなぎのように追っていくようなものだったと思う。有名な知ってる曲ばかりだったので、どれも耳心地いいな、と思いながらボーッと聴いていたんですが、突然耳に飛び込んできた、泥臭い演奏に変屈なビート、ヘロヘロな歌声…なんだこりゃ?聴いたことないけど、凄くカッコイイぞ!と夢中になって聴きました。このとき、久しぶりに大きな衝撃を受けた曲が「悲しきサルタン」だったのです。誰が演奏してるんだ?と思っていると、演奏後にDJの赤坂泰彦「ただ今の曲はダイアー・ストレイツの…」


その後、どうやらダイアー・ストレイツはバンド名であって個人名ではないこと、80年代は日本、英米など世界各国で大ヒットを飛ばした、MTVの映像が有名…などのことが判明。
僕もこんな有様だったので、恐らく僕の世代では、ロックが好きな人でもダイアー・ストレイツの名前はほとんど知られていないと思います。70、80年代のギターバンドはこの世代では本当にウケが悪い。いわゆる産業ロックとどこかで呼ばれるようなもののウケが悪いようです。うーむ、でもこれは平成生まれのバラエティ番組好きな人に「『風雲たけし城』面白かったよね!」と聞いて、ポカーンとされるのと一緒なんだろうか(笑)

ちょいと話はそれましたが…。このダイアー・ストレイツでも最も売れたこのアルバム…。ダイアー・ストレイツで最初に聴いたのがこれなんですが…。80年代に売れたものだから、マドンナとか、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドとか、そんな感じで連想して針を落としたんですが、シンプルな音だったので驚きましたね。これ、ホント売れたの?と(笑) それは悪い意味ではなく、MTVがきっかけで売れたようなものは、たいていデジタルなサウンドばかりだと思っていたので。このアルバムは随所にデジタルチックなサウンドを意識した痕跡は見られますが、ちゃんとロックの泥臭い部分を残してるのがいいんですねぇ。ルーツ・ロックとデジタル音のうまい橋渡しというか。

あと、凄くキンクスに似てるな、と思いましたね。歌声、歌い方、ギターの変屈なリフ、ドラムのドタバタ感…。そして、皮肉を込めた歌詞。あんなメロディのない歌じゃあ、歌詞もやはりひねくれるんでしょうかね。マネー・フォー・ナッシングは皮肉が皮肉で返された結果となりましたが…。そこもまた愛すべきところかなぁ、と。とにかく素晴らしいバンドだと思います。記念すべき30枚目がこれでやはりよかった(笑)

最後に、このアルバムの曲ではないですが、ダイアーで特にお気に入りの曲を紹介します。この頃はヴァーティゴに在籍していたんですねぇ。




曲が長かったので、Part1、2と両面に分けられた。


JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 01:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM