スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブライアン、ロジャー、ポール・ロジャースに敬意…「The Cosmos Rocks」


発売から二日ほど遅れましたが、ようやく聴くことができました!
まぁ大して日本では注目されていないようで、ツアースケジュールにも日本は入っていないし、レコード店でも大きなプロモーションはナシ。

ネット上でも賛否両論で久しぶりに熱い議論が交わされていて、そのどれもがなかなか興味深い意見が多い。やはり一人一人のクイーン像というものがあって、そこに固執するかどうか、ということになりそう。それはやはりフレディ、ディーコンなくしてクイーンの新作なのか、ということ…。

クイーンきってのR&B好きな二人とポール・ロジャースとなれば、今作がR&B色が強くなったのは当然の結果。なんといっても、「Cosmos Rockin'」という曲と「Salf's Up, School's Out」という曲名で挟まれたアルバムなのだ。二者の好み、原点を目指して作られたような気がする。もちろんクイーンのエッセンスの大部分はこうした曲だったりするのだ。

三人がバラバラに作ったという印象はあまりない。というのもロジャーのソロ、ブライアンのソロとはかなり違う趣きだから。一番今作のイメージと近いのはやはりロジャースだろうなぁ。 しかしデジタル処理での、PCからでもキレイに聴こえるような画一的な音質化が進んでいるような昨今、一人一人の音の個性が見事に分かる連中もなかなかいないわけで、やはりこうした生き残りは貴重な存在なんだなぁと。 オアシスの新曲もラジオかなにかで聴いたけども、Queenらの方が数段も優れた曲を作っていることを確信できました。 これは当分聴きそうだなぁ。今でも色々なベテランが新スタ録を作ったりするけども、三人で主に詰めただけあって、かなりタイトに作られてて…貫禄もあるけど、それ以上に緊密した感じが出ているのがいいなぁ。

しかし、クイーン・ファン、特にフレディの築いたメランコリックな世界観にクイーン像を見出すファンには辛い作品かもしれない。どこまでも泥臭いし、ベースもこの三人が主に弾いているのだから、ディーコンのような繊細で軽快なラインを作れているとは言いがたい。厳しい意見があるのは、こうしたファンからの声なんじゃなかろうか。

しかし、輸入盤で買ったCDの最後のページを必死に読んでいると、三人からのSpeCial Thanks To...の人として、真っ先にジョン・ディーコン、ポール・コゾフと書いてあり、最後に、この作品をフレディ・マーキュリーに捧げる…と書いてあった。う〜ん、目頭が熱くなりますなぁ。どれだけ僕らがこの作品を叩き台にして議論しようが、三人を取り巻く友人や故人との結束に揺らぎはないんだろうなぁ、と実感…。

ブライアン、ロジャーとフレディとの出会いは、共通して、ジミ・ヘンドリクスが好きだということだった。そしてフレディはフリーの大ファンだった。これだけでも、このアルバムがフレディに捧げられるだけの価値が十分にあるんだろう…と野次馬ながら考えているのでした。


そしてここにいかにもクイーンらしい一言。

このアルバムを往年のファン、新参のファンたちへ!

僕にとってクイーンは、ファンを選ばないエンターティナーなんだよなぁ。ビートルズやストーンズ、ツェッペリンら大物の敷居の高さとはちょっと違う。クイーンにはいつまでも現役のような身軽さがある。そこが何より好きなんですなぁ。


どれくらいクイーンらしさがあるのか?と聞かれれば、三割くらい…と答えておこうかな(笑)

JUGEMテーマ:音楽



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM