スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(42) Caravan「In the Land of Gray and Pink」

JUGEMテーマ:音楽
 
これ前にも書いたような…まぁいいや(笑) キャラバン「グレイとピンクの地」です。先日、千葉ユニオンに行ったお話しをしましたが、そこでこのアルバムを買い直したのをきっかけに、最近毎日かけて楽しんでます。

Caravan「In The Land of Gray and Pink」

Side-A
1.Golf Girl
2.Winter Wine
3.Love to Love You
4.In The Land of Gray and Pink

Side-B
5.Nine Feet Underground


Personnel
Pye Hastings-Guitars&Vocals
Dave Sinclair-Hammond organ, poiano, Mellotron
Richard Sinclair-bass, acoustic guitar&vocals
Richard Coughlan-drums



濃淡様々なピンク色、灰色で描かれたジャケット、とてもキレイですよね。キャラバンは楽しいジャケがたくさんありますね。僕は美術絵に関しては描く才能も鑑賞の才能も零ですが、うむ、なんとなく好きな絵です(笑)





見開きの中面。グレイとピンクの地を歩いているんですかね…



デラムに所属したのは丁度この頃からだったかな?


このアルバムはキャラバンにとって三枚目に当たるわけですが、それまでの少し陰りとシャープさがあったような雰囲気の角が取れて、陰りも少し後退したような気がしますね…

前、多分僕はこのアルバムをソフトロックみたいだなぁなんて書いたと思うんですが、オリジナル盤で聴いてみてもそのときの心象について変更ナシ。緩い雰囲気の中に、しっかり刻まれるリズムビートがやはり堪らないなぁ…。多分、デイヴ・シンクレアのオルガンの音なんかはガチガチに歪ませているんだろうけど、こうしてレコードで聴くと、本当穏やかなノイズですよね。ケン・ヘンズレーやキース・エマーソンが歪ませてソロとるときはドンドン前に出る感じだけど、それとはまた違う。どの楽器が前に出るわけでもない、均衡したバランス感もまた特徴でしょうか。

それでもギターやオルガンは折り返すようにソロが何度か登場するわけですが、これもまた上品な感じで、イヤらしさがないんじゃないかと思います。歌と歌の間に楽器のソロ、よくある展開なのに、別物に聴こえちゃうってところが、このキャラバンの掴みづらさであり、また魅力でもあるのだと思うのですが… プログレッシブ・ロックの雰囲気とか、高尚意識を保ちつつ、英国らしいシンプルなポップさがプログレッシヴという受け皿の中でちゃんと調和しているような…デイヴ・シンクレアの狙いはそういうところにあったんじゃないだろうか…

タイトルも想像力を書きたてるような素敵なのばかりですね。どういうところからこうしたタイトルを取っているんでしょうね?



※私事ですが、レコードコレクターズという雑誌の増刊号「ビートルズ名曲ベスト100」 (←クリックするとアマゾンの商品紹介ページへ…)…この本は、読者の投票によって選ばれたビートルズで好きな曲に順位をつけていくっていう何ともまぁ、という企画なのです。投票していたことをすっかり忘れ、その本を立ち読みしていたら、自分が投票したときのメッセージ&名前がばっちり載ってしまいました(大爆) 手元にあった応募ハガキにいい加減に書いてしまったことを今更ながら後悔… どの曲についてメッセージを書いたかは、ナイショです(笑)


スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM