スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(51) Ben Watt「North Marine Drive」

JUGEMテーマ:音楽 

祝!メモリ増設!というわけでパソコンの環境もすこぶる快適になりました。皆さんも突然のPCトラブルにはご注意ください…本当、何日も棒に振ることになりますから…
上のデザインも変えてみました。あるアーティストのアルバムジャケなのですが…これで分かったらすごいかも!?

いつだったか年末はコレを聴いたということで写真くらいアップしたことがあったベン・ワット「ノース・マリン・ドライヴ」(1983)。どうも寒い季節には毎年コレを聴きたくなる、ということで、今日はこのアルバムに「針落し初め」いたしました。アルバムは当時のインディ・チャートで最高位一位。


Ben Watt「North Marine Drive」(1983)

Side-A
1.On box hill
2.Some things don't Matter
3.Lucky one
4.Empty Bottles
5.North Marine Drive

Side-B
6.Waiting like Mad
7.Thirst for knowledge
8.Long time no sea
9.You're gonna make me lonesome when you go(Bob Dylan)

Personnel
Ben Watt-semi-acoustic and acoustic guitar, piano, vocals
Peter King-alto saxophone

Produced by Ben Watt and Mike Gregovich


ベン・ワットはエヴリシング・バット・ザ・ガールの方でも有名な方ですが、彼の鼻にかかったような歌もなかなか魅力的でして、いくつか重ねられたバック・コーラスもすべて一人で録音したようです。
上のパーソナルの箇所を見ていただいて分かる通り…使われている楽器の数が少ないんですよ。叩いてリズムを作るような楽器はなし。ベース楽器もなく、アコースティック・ギターで色々な役割を果たしてしまおうという…,魯戞璽垢箸覆覯擦印象的なメロディなのですが、これもギターの低弦を使っているんでしょうか?ジャズ・サックス奏者ピーター・キングのサックスの短いソロが美しい△蓮▲船Д蝓・レッドのオムニバス第一弾「Pillows and Prayers」(1982)にも収録されていました。アルバムのレコーディング自体は1982年だったので、アルバム発売に先がけてレーベルのコンピ集に一曲収録されていたようです。このコンピには、後にエブリシング・バット・ザ・ガールとして共に活動することになるトレイシー・ソーンのいたマリン・ガールズの曲も収録されています。

何度聴いても疲れのこない心地よさ…何度聴いても飽きないアルバムこそ、人それぞれにとっての名盤なんだろうな、と思うのですが、そういう意味では自分の中では上位にくる盤なのかも… それなのに、魅力はナンだ?と聞かれても答えられない掴みづらさ…感情を殺したようにニヒルな歌声と、スタジオの空気振動を目一杯利用したような、広がりのあるきらびやかなバック・サウンドとの兼ね合いとでもいいますか…聴こえてくる音はシンプルだけど素直ではなくて、他のアコースティック・アルバムとはだいぶ異なるミックスがそう思わせるようなのですが…

ジャケットは海を見る人たちと、波が打ち寄せてきたので避ける人が写っているのですが、他人事のように遠くから、一ミリとぶれずその様子を見ている感じと、曲の雰囲気が結構近いような?吟遊詩人のような、そんな資質を持った人なのかも…

ちなみにこのレコーディングの頃、ロバート・ワイアットと共同で演奏したEP「Summer into Winter」という名曲揃いの楽曲集もありましたが、現行CDではボーナス・トラックとして全曲入っているようです。オリジナル・アルバムの総タイムがわずか33分ほどらしいですから…そりゃ色々入れなきゃ。


※画像をクリックすると拡大して見られます。

チェリー・レッドってフランス盤ばかり見ますね。これもそんな一枚です。レーベル周りに手書きでハープの絵があり、それを文字って「Utopia」とあるのですが、一体何のことなんでしょうね?





スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 22:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM