スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(76) Robert Wyatt「Rock Bottom」

JUGEMテーマ:音楽
 
Robert Wyatt「Rock Bottom」(1974)→曲目はこちら


ロバート・ワイアットが耳障りのいい曲を作ろうとするとこうなるのだろうか…普遍的な感動を与えてくれるアルバムは数あれど、このアルバムほど安易な感傷を避けようと試みながら、その普遍的な感動の境地へたどり着いたアルバムは数少ないのではないでしょうか…。

ソフトマシーンを脱退したロバート・ワイアットは、1971年に「The end of an ear」をリリース。これがまたなんとも凄いアルバムですが…。ソロとしてはこのアルバムが二枚目となります。ロバート・ワイアットは、ソフトマシーン時代にドラマーとして活躍しながら、脱退後に建物から落ちた事故が原因で、下半身不随となってしまいます。下半身不随ではドラムを叩くことはままならず、ミュージシャン生命を絶たれる危機に陥りますが、彼は鍵盤と自身の歌声でもって現場に戻ることを決意。そうした経緯にまつわる複雑な感情が入り乱れた、唯一無比の実に不思議なアルバムになっています。プロデュースは、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスン


個人的にはポップ史上究極の名曲「Sea song」で幕を開けるのですが、コンガのような音での貧弱なリズム、調和にとらわれない粗野で偏屈なピアノ、そしてつぶやくようなか細い歌…まるで万人を感動させる記号を一つも持っていないのに、なぜこれほど聴く人の気持ちを昇華させてしまうのか…どこまでもジメジメした質感なのに、目頭すら熱くさせるほどの説得力…
A面最後での「Little red riding food hit the road」でトランス効果のように襲い掛かるクラリネットやサックスの応酬、シンバル逆回転の嵐…そしてB面の「Alife」でワ突然のイアットの不気味な笑いで、湿った静寂とトランス劇の応酬の幕が閉じます。
曲の要素だけ取り上げていけば、聴き所を掴むのがとても難しいように思われるのですが、一聴するとそうしたゴタクはどうでもよくなりますね…全編を通した冷たさがなぜ聴き手の心を抉り取るのか…これは未だに僕の中では謎でございます…

う〜ん、やはり必聴の予感…100枚どころか、10枚と言われればこれを迷わず選べるかもしれない…未聴の人は是非…







UK盤。マトは2U/1U。CD化した際にジャケットのデザインが変更されているようで、カラーになっています。


こちらはTears for Fearsによる「Sea song」のカバーが収録された12インチシングル。「I Believe」のB面。こちらもかなりの秀作です。「ルール・ザ・ワールド」で終わるはずもなかった、底知れぬ能力が感じられます。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:48
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM