スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(84) The 13th Floor Elevators「The Psychedelic Sounds of The 13th Floor Elevators」

JUGEMテーマ:音楽
 

The 13th Floor Elevator「The Psychedelic sounds of」(1966)
→曲目はコチラ


これほど良さを文章化しづらい盤もあまりないというか、有名盤なので今さら特に書くこともないというか…

堂々とアルバムタイトルに「Psychedelic Sounds」と銘打たれており、とはいえ、カラフルなサイケデリック・ポップとは違い、ガレージ風というか、そういえばアメリカの60年代のガレージ系と呼ばれるバンドは、サイケ志向も強いな…などと話が前後しまくりですみません。

ガレージという言葉はその名の通り、車庫で演奏していた、または車庫で演奏したような騒々しい音を指していうらしく、実に曖昧模糊とした便宜的な言葉なのですが、でも聴くと「これはガレージ系だ」とか、直感でそう感じることが結構多いのも事実。それも、ただ音がこもっていて低音がきいていればいい、というわけではなく、そういう音をしたバンドは70年のハードロック勢にも通じるにも関わらず、ガレージという香りはまったく別物のものとして感知される。それは、単に時代的、気候的な音の違いのみではなく、それこそ「サイケデリック」であることがガレージである、と言わしめるのではないでしょうか。

演っていることはほぼブルース・ロックと言っていい内容なのですが、キレがありチョーキングの音が素晴らしいリード・ギターは実にブルースの正統派。そうでありながら彼らがサイケデリック・サウンズを奏でている所以は、あの謎の楽器。「トゥクトゥク」いうアレです。

これがてっきり一曲だけ(冒頭の曲はシングルカットされた)かと思いきや、全編でしつこくしつこくこの楽器を使う、使う、使う…しかも使い方がどれも一緒という(爆) この楽器のためにメンバーを一人分費やしているというアンバランスさも想像すると笑えるほど魅力的ですし、遊び心一切なく本気で他の楽器と対峙しているところがまた素晴らしいです。ドラムもやはりサイケデリックなる叩き方をわきまえていて、ほとんどが太鼓回しの応酬といった具合で、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」や後の「サイケデリックの新鋭」といった有名サイケ曲と通じるところも多々見られます。







88年のDECAL盤ということで、盤の写真はいいでしょう(結局13thはこのDECAL盤で揃ってしまった…)。それでも普通には手に入りづらい盤がこちらから多く出ていますが、妙に耳心地がいい盤が多いような!?78年にはレーダーからもリイシューされています。

<関連盤>



同じInternational Artists所属だったアメリカのガレージバンドThe Bubble Puppyの名シングル。どういう風に関連していたかは忘れましたが(爆) 両面とんでもない曲ということで、人気のあるシングル盤のようです。グループは後に再結成も果たしたそうな…





にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 01:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM