スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(87) Dave Davies「Bug」

JUGEMテーマ:音楽
 
Dave Davies「Bug」(2002)
→曲目はコチラ


ちょうど改めてこのアルバムで書こうと思っていたところに、同アルバムの数年前のエントリにコメントをいただき、因果なものだなぁと感じたのですが、そんなわけでキンクスのギタリスト、デイヴ・デイヴィスのアルバム「バグ」です。

兄のレイ・デイヴィスが2000年代に入ってソロアルバムを二つも連発し、60歳近くしてファンの期待に応えた素晴らしいアルバムを作ったのですが、弟のデイヴも2000年代からスタジオ・アルバムを二枚出していて、こちらは2002年に登場した作品となります。

キンクス時代から、あの絶頂の60年代からもソロ志向が強かったデイヴ・デイヴィスは兄に先駆けて複数のソロ・アルバムを作っているので、こうした近年の作品も常にキンクスでの活動と並行してきたものの延長線上にあるものといえるのでしょうか…と思いきや、この前のChoosen Peopleから約20年後のリリースということで…

客観的に見ても、レイのソロ作品と比べると出来としてはやや落ちる気もしますが、デイヴのソロ作品史上では最も明るくバラエティに富んだ作りになっていて、兄にたがわず現役ぶりをあらわにした秀作だと思います。思い入れも加味して、レイのソロ二枚以上に好きなアルバムかもしれんという…


何が好みかというと、録音がかなり素朴な環境で行われたらしく、派手なサウンドでないところ。ただ、アレンジは結構工夫されていて、ホーンがばりばり入るFortis Greenはアルバムの中では異色の作品…というか、モロにキンクスの曲という感じで(爆) それもそのはず、Fortis Greenといえばデイヴィス兄弟の故郷だかだそうで、リアル・ヴィレッジ・グリーンといった趣きもある曲なのです。

80年代のメタリック趣味はほとんど抑えてくれて(爆) ポップなリフを使った曲が多い。ほとんどがエレキ・ギターを使った曲ではあるけれども、アコースティックと形容したくなるほどラフでくだけた雰囲気が彼のギターからだけでもひしひしと感じられる。三曲目のLie!....という曲はデイヴのあの甲高いコーラスが聴けてニヤリとしてしまいますが、メロディも親しみやすく耳に残る曲です。
難解で暗黒チックなDisplaced Personも秀逸ですが、その次の名バラード「Rock You, Rock Me」はライヴ・アルバム「Kinked」でもトリで演奏されていて、感動的なギターフレーズを随所で聴ける曲です。実に英国的なポップバラードなんだけれども、今や大御所となった同期の(こう書くとおにゃん子クラブみたいですが)ミュージシャンが、すぐ廃れると分かる使い捨てバラードを作るのとはまったく違う出来。きっとポール・マッカートニーやロッド・シチュアートなどの最近の曲と比べるとアレンジが甘いとかボーカルが安定していないとか、表面的な差異は色々出てくるんだろうけれども、そうしたことを超越した音の力強さを感じる。こういう一筋縄で収まらない作品となったことが長くこのアルバムを聴き続けている要因の一つなのかもしれません。

日本盤にボーナス・トラックで収録されていたギヴ・ミー・バックという曲は、ジョージ・ハリスンと合奏するために作った曲だったそうですが、ほどなくしてジョージが亡くなってしまったため実現せず、ジョージのいないバージョンが収録されています。ジョージ追悼アルバムでもGive Me Loveを演奏していてこれも凄くよかったんですが、この頃は仲よくしていたんでしょうか。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 23:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM