スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(89) Television「Little Johnny Jewel(Part1&2)」

JUGEMテーマ:音楽 



Television「Little Johnny Jewel(Part1&2)」(1975)

今まで散々LPを選んでおきながら、突如シングルの登場で恐縮でございます…

マーキームーンも素晴らしいアルバムだと思うんですが、それを初めて耳にしてからずっと後になって初めて聴いた「Little Johnny Jewel」はとても衝撃的でした。今はCDのボーナストラックとしても収録されているんですが、本作を聴くまでそのことは知らなかったので、いきなり純度の高い音でこの曲と対面したのでした…

このシングルはテレヴィジョンのデビュー作品で、当時は数百枚ほどしか流通しなかったとかなんとか。音を聴く限りでは全員で合わせての一発録り。モノラル録音。一曲を両面合わせて収録しています。

とにかく練習を積んで録音に挑んだというファースト・アルバムでの洗練された音運びとは違い粗雑なのですが、リード・ギターの入る瞬間の迫力たるや凄まじいものがあります。そしてトム・ヴァーレインの醒め方は遥かにLPでのそれを凌駕していると思います。コレを聴くと、マーキームーンがメジャーレーベル(エレクトラ)から出るまでの運び、言ってしまえはテレヴィジョンなりのコマーシャルになるまでの道程というものが実はあったという史実を感じます。マーキームーン以上に好きならば、ということで敢えてこちらのシングルを挙げました。この曲に関しては、CDではなくレコードで体感されることを強くオススメいたします。

ところで、どうしてテレヴィジョン、ひいてはトム・ヴァーレインのソロもですが、妙に日本の演歌のような雰囲気を感じるんでしょうか?僕だけだったらすみません(爆) それはこのシングル曲も例外ではなくて、後半の更に後半の部分、トムが2コードで軽く鳴らす箇所が日本のワビサビって感じで、これが2ndアルバムになると更に顕著になるような…いやはや…。

ちなみに、この曲の録音時もすでにリチャード・ヘルはバンドを脱退していたようです。









US盤。当時に近いものだとは思うが、正確にはいつのものかはよく分からない。




インナー・スリーヴ。メンバーの演奏写真と歌詞が描かれている。


イギリスでのシングルProve It/Venus プロモ盤?




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:48
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM