スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

私的100選(96) Small Faces「Ogdens' Nut Gone Flake」

JUGEMテーマ:音楽
 

Small Faces「Ogdens' Nut Gone Flake」(1968)→曲目はコチラ


そういえば英国の中でもマージービート勢でサイケ方面で活躍出来た(というより生き残れた)グループは少ないのに、いわゆるモッズに括られていたバンドはフラワー・ムーヴメントでサイケアルバムやシングルを数多く輩出していた感があります。時代が少しシンクロするせいなのか、はたまたそのファッション性に似通うものがあったのかどうか分かりませんが…

モッズの中で今でも最も語り継がれているであろうグループはやはりスモール・フェイセスで、このグループ名そのものがモッズの間で使われていた言葉なんだそうですが…ファーストやセカンドアルバムのジャケを見て分かる通り、メンバーのファッションはモッズの中でも色彩の派手さを追求しないスマートで洗練された格好をしていて、真のモッズぶりを示してくれています。「キザな奴」では終わらないらしい…

そんな彼らはDECCAで素晴らしいシングルを連発し、チャート上位の常連だったわけですが、LP数枚を発表した後イミディエイトに移籍。実験色の濃いレーベルだったようで、キース・エマーソン率いるナイスも在籍。他にもP.P.アーノルドもいたということでこのあたりがスモール・フェイセスとの関連性が深いようです。

そんな状況下で制作されたアルバムが「オグデンズ・ナット・ゴーン・フレイク」で、タバコ缶をあしらった円形のジャケットとしても非常に有名なんですが、サイケ名盤が多いといわれる68年の中でも指折りの名盤ですね…曲の寄せ集めではないし、かといって説教くさいガチガチのコンセプトアルバムでもない。A/B面で性格が違うというのも面白い。元々スティーヴ・マリオットという超個性的なボーカリスト/ギタリストを擁したグループがトータルアルバムに挑戦したことがアルバムに凄みを持たせたのかも…

頭のタイトル曲がインストなんですけど、これが地味だけどのったりしたワウの音とややテンポを遅らせ重々しいケニー・ジョーンズのドラムがいい味で…ここから間髪いれずに大名曲「アフター・グロウ」に移るところも凄いいいですよね〜。最初のクラップハンズと口笛混じりの緩い歌いだしからイアン・マクレガン歪んだオルガンを前面に爆発的なバンドサウンドで入るという…何よりマリオットのロック歌手らしからぬ正確でうねりが豊かな歌声とロニー・レインのコーラスが混じるだけで涙モンですネ… 異様に音が重くはち切れそうなロニーのベース音も低音部を埋め尽くしていて… 展開も短い時間の中にたくさんの仕掛けが詰められていて、これを聴く度に最近の意味をなさない冗長な曲との差異を改めて感じます。スタジオ録音における、ロックのハイライトのひとつ。

そんな曲を惜しみなくバッツリと途中で切り(シングルではもう少し長く、フェイドアウトする)次の曲につなげるというLPのトータル化への周到ぶりで、A面最後のレイジー・サンデーはいち早くシングルカットされた曲。この曲では滑稽なPVも作られました。カラー、モノクロともにあり。

B面はおっさんの語りを曲間に挟んだ作りで、曲の作りもA面と異なります。一曲一曲を聴きものとしていたA面とは違い、ストーリーの中にそれに見合うような曲を演奏しているという感じで、これは自分がそうだったんですけど、CDでレイジー・サンデーから一気にB面に突入すると戸惑うかもしれません。レコードの場合、B面に返すことで別のコンセプトを身体で憶えることで曲の感じ方の切り替えがうまくいくという感じが…。B面はそのストーリー性に耳を委ねていれば、自然と曲がLPの流れの中の一つとしてスッと聴けてしまうのかも。B面からはアメリカのみでマッド・ジョンがシングルカットされました。最後の曲ハッピー・デイズ・トイ・タウンもテレビ映像で見たことがあるな〜。

個人的には、全体的に歪んで低音部がしっかりしているバンドサウンドそのものが凄く気に入っています。いや〜本当にもの凄いバンドでした…。







変形ジャケットの開いた状態色々。接線がモロいので破れてしまっているものも多い。手持ちのものも原型は保っているものの、やはり一部破れ箇所がある。


USオリジナル盤。いつの間にかレコードの一部がひどく反ってしまっていた…あぁ…。


同時期に出たシングルThe Universalの英国盤。フォーキーで単調だがかなりハマる曲。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 01:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM