スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

11/29… George Harrison「Brainwashed」

JUGEMテーマ:音楽
 
11/24が命日のフレディ・マーキュリーに引き続き、29日はジョージ・ハリスンの命日ということでして…このアルバムはジョージの死後一年経って発売された最後のスタジオ・アルバムです。

なぜかこれといった評判を聞かなかったような気がしたアルバムで、僕もかなり久しぶりに聴いたんですが…いやぁ、こんなにいい曲ばかりだったかなぁと思うほど名メロディの数々で、ジョージ・ファンの漫画家、本秀康が無人島レコに挙げていたのは冗談ではなかったのではないか、と今さらながら疑心の気持ちで読んだことを反省した次第です…

アンソロジー企画の頃のインタビューでは、30年代のジャズのレコードを集めてそればっか聴いてると言っていたジョージですが、このアルバムでは音楽の探究ではなく、自身のルーツに立ち返ったという具合で、60年代後半や70年代のロックを想起させるようなカントリーやブルースの曲がほとんどで(もちろんインドカレーもあるよ!爆)、それをもっと穏やかにした感じとでもいいましょうか。実際ほとんどの曲の歌詞が心の安らぎ、安寧を求め、自問自答するような感じで、こういうセンスもまた年の功ということなのでしょう。ただ、最後に収録されたタイトル曲は、人間を取り巻くこの世の様々なノイズに対する痛烈な批判の曲となっていて「God!God!God!」と穏やかならぬ力強いコーラスが聴けます。そういえばジャケットでテレビのを囲っている人たちは皆マネキンという…。これもまた東洋哲学に傾倒したジョージらしいシニカルな視点が表れている曲なのでは。また、サウンド面ではギター・ソロがかなりオンになっている印象で、突如生々しく迫る個性派なジョージのギターワークが活かされたものとなっています。ドラムのスネアを聴くとジェフ・リンが関わったらしい、というのがすぐに分かるという…(笑)
最初聴いた当時は、遺作の割りにあまりに軽快な作りに感じてズコッとなった記憶もありますが、時間を経て…いや、自身が年を経たためか、凄くいいアルバムだな〜と印象転換。


このアルバムが最後の彼の録音ではないようで、最後となったのは元スクイーズのキーボーディストでイギリスではTV司会者か何かで有名なジュールズ・ホランドを囲ったVAアルバム「ジュールズと素晴らしき仲間たち」に収録された「Horse to the Water」のようです。このアルバム自体、超有名アーティストがこぞって参加した作品で、こちらもオススメの一枚です。



にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)



ジュールズ・ホランド・アンド・ヒズ・リズム&ブルース・オーケストラ,サッグス,エリック・ビブ,マーク・ノップラー,ヴァン・モリソン,クリス・ディフォード,ジョン・ケイル,スティーヴ・ウィンウッド,マーク・アーモンド,ミック・ハックナル,ポール・キャラック


スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 23:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM