スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

更なる感動巨編へ Harmonium「L'heptade」

JUGEMテーマ:音楽
 
Harmonium「L'heptade」(1976)

ずいぶん前ですが、カナダのロックバンドであるアルモニウムのセカンドアルバムでエントリしたことがありました。このアルバムはその翌年に発表された彼らのサードアルバム。2枚組。2010年の最後に買ったレコードでした。前作の物語性を更に発展させ、ダブルアルバムにしてスケールも大きくなった本作。ここでかなりの集中力を発したのか、次にアルバムが作られたのは4年後。そしてそれがバンドとして最後のアルバムとなってしまいます。 そんなわけで、前作以上に力が入っている感じが伝わる作品です。

アルモニウムはカナダのバンドですが歌詞はフランス語。フォークサウンドでありながら壮大で感傷的な曲が多い彼ら… このアルバムは2枚組ですが、全編通して聴きたくなるような引き込まれる緻密な展開がロックアルバム離れしてる感じがします。雰囲気はバークレイ・ジェームス・ハーヴェストに近いようで全然違うようでもあるのは、アルモニウムは既存のバンドサウンドでの構築にとらわれないところがあるからだと思います。本当にどこまでも雰囲気重視、という感じで、バンドでドカーンとくるのはほんの一瞬とかだったりするんです。ただでさえ人数の多いバンドで、こんなレコーディングしてたら参ってしまうんじゃないでしょうか。
そんな犠牲と引換に出来上がったアルバムは本当に壮大な仕上がりでして…どの曲が、というより全編通しての展開の骨肉が類を見ない自然さでつながっていて、文字通りの大作となっているのではないでしょうか…って、曲目を見ると最初は「prologue」、最後に「epilogue」とあるので、一つの大きな作品をつくろうという意図はバンドの中にもはっきりあったということですね。
そしてアルモニウムといえばセルジュ・フィオリの独特な歌声で、高いのに低く響く物憂げボイスが泣けるという… もう一人のバンドの中心メンバーであるミシェル・ノルマンドゥーの実に女性的で誠実そうな歌も異なる雰囲気ながらよろしです。


壮大といえば新年テレビ映画でやっていたサウンド・オブ・ミュージックですね。自分が小中学校のときは、音楽の授業でコレを見せられるのがセオリーでして(昔からそうなんですかね?)、でも授業時間が50分くらいなんで大抵エーデルワイス歌って少ししたくらいで時間になって最後まで見れないというあの映画。せっかく家庭教師とオッサンが和解したのになぁ、その後は?というのを皆思っていたと思うんですが、まさか一家で亡命するラストなんて、ドレミの歌のシーンとかだけ見てたら想像がつきませなんだ…。本当に日本では人気な映画で、ずっと前に21世紀に残したい映画とかいうNHKの番組でアンケート取っていて、2位だったと思います。1位は2001年宇宙の旅だったと思います。



それにしてもアマゾンでCDを見てみたら、定価でも結構高いんですねぇ…2007年に発売したもので、輸入盤なのに4000円超え…二枚組とはいえ高いっすね。










カナダオリジナル盤。ジャケはちょっとザラついた仕様です。


comme un fou
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)



スポンサーサイト

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • 00:11
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM