スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.11.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

しばらく更新休止のお知らせ

といっても最近は更新さっぱりなんでこんなこと改めて書かんでも、という感じですが

少し遅いお盆ということで、札幌へ行きますので一週間ほどはパソコンのない環境となります。その間更新はしないと思いますのでよろしくお願いします。



いたち野郎

久々のレコ屋巡り&100円レコ堀り(幸一)


JUGEMテーマ:音楽
 
最近ずっとレコを買ってなかったので、反動なのかなんなのか、10年近く行っていないレコ屋巡りなぞ、そしてある店で100円中古市やってたので連日結構歩いたり重たい荷持もったりとげんなりして帰ってきました。だいたいこういう買い方したときのレコはたいして思い入れがなくなってほったらかし、みたいなこともしばしばですが、知らないでレーベルや参加ミュージシャン、プロデューサーの名前だけを頼りに買ったのも多いので、多少博打な面もあり。元琴光喜関も絶賛。

今回寄ったのは水道橋〜神保町辺り。近くの御茶ノ水には足しげく通っているんですが、この辺りは8年くらいは行ってなかったんじゃないでしょうか。(数年前の)レコードマップを事前にチェックしてから行ってきました(持っていくと重いので)。富士レコード社本店。有名店ですけんど。相変わらずシビアな値段。何も買わず終了。お向かいのトニイレコード。結局こちらのお店だけでほとんど済ませた感じです。ジャズの専門店ですが、資金の関係もあってジャズ以外だけ見る(爆) あと3店は行きましたがあまりの暑さで朦朧としていたのでちょっとだけ見て買ったり買わなかったりで出た感じです。次回は逆順で回ればいいのかな。大したもの買ってないので、お見苦しい写真になります。久しぶりに一度にたくさん買ったので、帰ってからなんとなく写真に。基本的にオリジナル盤や古めな盤やらです。




左上からだいたい時計回りに。ジム・クロウチのアルバム。これだけ国内盤帯無ですけど捨て値だったので購入。ベスト盤的なCDは見ますがアルバムの形のCDはあんまり見ないような気がします。日本でも売れていたのに。このファースト・アルバムを出しセカンド・アルバムを録音し終えたすぐ後に他界してしまった孤高のシンガー・ソングライターです。

ピーナッツ(スヌーピー)のレコードらしいです。古いモノラル盤だったので購入(爆) 基本的にチャーリー・ブラウン花沢さん?みたいのが喋ってる間に、多分キャラの動きに合わせたようなアニメ向けサウンドが入ってるんですが、結構面白い。台詞が聴きとれないのでちょっとした現代音楽風

バーズのファーストですが、なぜかオランダ盤。全面コーティング。70年にプレスされたもののようです。イギリスコロンビアのワンマークと同じレーベル面でしたがデザインがすごくキレイにプリントされてます。どうでもいいか。ステレオで音はそこそこいいって感じでしょうか。

ジェファーソン・エアプレインのアルバム。このジャケット見てアルバムタイトルが分かる方は紙ジャケをお持ちかも?このバークというアルバムはツェッペリンのアレ同様、外袋付きのアルバムでした。それにポスターもついていたので、付録がしっかり付いたのは意外と見かけない?


魚が頭出してるのが中身ですね。残念ながらカット跡ありですが、かなりキレイです。なぜかジャケだけがボロいですが。ジェファーソンは4、5枚聴いてもあまり好きじゃなかったんですが、このアルバムはいいですね。どこが違うかまだうまく説明できませんが。他のが手元に残ってないのもありますし…

ニューヨークの前衛的なジャズコンポーザーkip hanrahanのソロ名義初アルバム。緻密に作られたアフロなノリもあるジャズアルバムです。音が物凄い!

ドイツのロック・バンドKraanの74年ライヴの模様を収めた二枚組アルバム「Live」です。数曲の映像でしか聴いたことがなかったんですが、とにかく素晴らしい音盤だと思いました。のっけから引きつけられて二枚もあっという間に消化できます。どことなく冷めた線の細い音はハード・ロックやプログレとは対極の世界。まだフージョン風になる前の緊密感が凄いですね。コニー・プランクによるプロデュース。

あぁ、なんでこんな一枚一枚ちゃっかり感想を書いているのか…ブルー・ナイルのアルバムっすね。2000年代の作品しか聴いていなかったのですが、同時期の他のメッセージ系ネオアコにはないクールさがありますね。

プロコル・ハルムグランド・ホテル。あまりこのバンドは好きじゃないんですが、米盤ながらプロモラベルだったので試し買い。音良かったです。



〜100円レコ〜



まだこのうちの半分くらいしか聴いてないですが、感心したぞよ、的なのは意外にもChris De Burgh「Man on the Line」UK盤。ヨーロッパを中心にAOR期に大ヒットしたアイルランド人らしいですが、日本ではヨーロッパでの知名度と比べるとかなり低いみたいです。歌詞のセンスも面白いし、編曲もベタでなくて面白いし音もいいです。歌の張りも凄いですねー。他のアルバムも聴いてみたいですね。他では有名なのにジャケを見る度になぜか避けてきていたトリアンヴィラート「二重えくぼの幻影」のUS盤。ドイツのEL&Pと言われていたそうですが、全体的に見れば彼らの方がずっといいような…(爆) 先ほどのKraanと展開の佇まいが似てるところがある気がします。ドイツ特有のプログレッシヴ・ロックの観点みたいのがあるんでしょうかRare BirdEpic Forest(US盤)も面白いですね。B面にケストレル「エンド・オブ・ザ・アフィア」という曲と出だしがそっくりなのがあったのが印象的。Earth Operaは運良くステレオUSオリジナル盤。プロデューサーとエンジニアがもっと頑張ってれば凄くいいアルバムになった気もしないでもないです。アイデアが面白いだけにスカスカ加減が残念。

逆にこりゃアカンと思い全部聴いてないのは、City Boybook early。78年にして、こういう時代は始まっていたんだなぁ、と。安心のヴァーティゴ印はどこへ…。
Gang of Fourのライヴ盤はかなり退屈…あと写真に撮り忘れましたが、アージェントのシングル盤(スペイン盤)の曲両面ともキツかった…このあたりは今年中の解雇待ったなし!他のもたまに聴いてみようと思います。

もうひとつおまけの話を…写真右にジャケ無しでかけてあるThe Kinks「Superman/Low Budget」の12インチシングル(US盤)、アメリカでは売れたシングルなので(試写会でもないのに)「別に…」という感じですが、この盤はアメリカのリサイクルショップでも売られていたようで、このジャケに「Rcycle Record」と貼ってある値札シールがあったんですが、金額が$4.50…向こうにしては結構高い値段付けてたんだな、どこにでもふんだくる御仁はいるのだな、と改めて思いました。

と、いう具合にレコ買い物ダイアリー終了です。あ、でも複数のアルバムを一気にずらずら書くのは楽ですね。こちら第一幕ではこの路線でいこうかしら。

無駄ばかりで長い駄文申し訳ありません。書いた自分でも正直アカンという感じですが、途中で眠くなったので(笑) おやすみなさいzzZZZZ








にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




Themonochrome set、Bidが急病のため来日公演中止


JUGEMテーマ:音楽

先日、The Monochrome Set&Lotus Eatersの来日公演のエントリをしたばかりですが…


10月24,26日に行われる予定だったThe Monochrome Set&Lotus Eatersの来日公演ですが、The Monochrome SetのフロントマンでもあるBidが急病のため来日できない事態となりました。詳細な公式発表はありませんが、公演主催側から連絡を頂きました。病名は明かされていませんが死に至るほどの重病で突然倒れ、6時間にも及ぶ手術により一命は取り留めたものの、年内の入院を余儀なくされているそうです。今回来日できない代わりに、3月か4月に改めて来日公演を行う手はずだそうです。

なお、Lotus Eatersは予定通り来日公演を行い、The Monochrome Setに代わり、Television Personalitiesとのジョイント・ライヴに変更されました。


一日も早いBidの回復をお祈り申し上げます。




裏切りの街角

JUGEMテーマ:音楽
 



また上から押し出すべくだらしないエントリをば。

今住んでるとこの近くにある長めの商店街です。休日のお昼だというのになんという有様… でも夜だけやってるとこで、パスタ屋なのにビール2時間飲み放題1500円のとこ見つけました!その気になったら入ってみます…


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




New Wave×ドラえもん

JUGEMテーマ:音楽
 

オランダのエントリでyoutube貼っつけすぎて重い&見づらいので、押し出し式で早めに適当なエントリをでっちあげます(笑)

と、その前に、今年の10月頃に来日公演が行われるモノクローム・セット&ロータス・イータースのチケットを無事に入手いたしました



と、藤子先生のコマで自身の心情を表すのはへどろんさんのパクリですが…

特にロータス・イータースは初来日ということで…いやはや、アルバム一枚しか出さなかったのに今も現役とは!


で、写真の左上にあるバッジですが、チケット購入のときにロータスとモノクロームどっちか選べますけど、と言われたので、バッジにレアもなんもないけど、珍しいのはロータースかな、と思ってそれを選んだんですが、今のところ9割がモノクローム・セットを選んでいったよ、と言われました。(物珍しさだけで選んで)すまんな
ということで、ほとんどがモノクロ目当てのお客さんが多いみたいですが、売れ行きはいいみたいで(早割チケットが休日公演の方は一時間もしないで売り切れたみたいです)、主催側は



とか思っていたりいなかったり。




にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村
バナーをクリックいただくと管理人にいいことが起こるそうです(爆)




<< | 2/17PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

お気に入りのコーヒー豆店

以前こちらのエントリでも紹介させていただいた、なぜかロックがかかるコーヒー豆店「たぐち珈琲豆店」がアマゾンでも販売されているのでご紹介させていただきます。オリジナルブレンドの豆がとても飲みやすく美味しいので毎日飲んでいます。

お店のウェブサイトは→コチラ

最新記事関連の作品

バナー・リンク

EVERGREENさんのブログ、第二幕。第一幕は↓で、目下更新中はこちらです。リアルタイムでロック黄金期を体験してきた談話は必読。欧州プログレ、サイケデリックの深い森、深々と続いていきます。マニアックな盤の紹介多数あります。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)

EVERGREENさんのブログ。こちらは約三年ほどお書きになられた旧ブログになっています。
(※現在、こちらのブログは休止されていらっしゃいます)


お知り合いのみるきーさんが編集に携わっておられるTHE WHOのファン・サイト。海外活動を含めた最新情報が日々更新され、尚且つ日本語で紹介されています。サイトもとても見やすく、様々なコンテンツを楽しめます。



ブログも更新されているPandaboyさんの、キンクス情報満載のサイト。とても丁寧に作られていて、バイオグラフィ、ディスコグラフィなど、鋭い私見もあり、とても読み応えがあります。国内にもありそうでないのがキンクスのファン・サイト。貴重なサイトの一つだと思います。キンクス以外にも、管理人も好きなQUEENやWINGSなど、国やジャンルにとらわれない多数のロック・バンドの紹介ページもあります。


FAMICOMANIA
自分もスタッフで参加させていただいている、ネット上での16Bit以下をメインとした懐ゲー総合情報交換の場。毎月ネット雑誌も刊行しています。



千葉ロッテマリーンズの公式サイト



※当ブログはリンク・フリーです。確認のコメントは不要ですが、確認コメいただけると相互リンクしやすくなると思います。バナーをお持ちの方もお待ちしております! 



↑は当ブログのバナーです。ご自由にお使いください。字、見えにくいですね…




4番、サード、いたち野郎〜ACT.2〜
 がスタートいたしました。こちらもよろしくお願いいたします。

その他、管理人がよく見るサイト

管理人自己満オススメ記事

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM